×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★☆☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:ヒオウギガイ

ヒオウギガイは、ホタテ貝の仲間で、ホタテ貝よりひと回りほど小さな二枚貝。食感や味はホタテに似ています。長太郎貝、パタパタ貝などと呼ばれることもあります。

刺身はもちろんのこと、塩焼きやバター焼きにしても、酒蒸しにしても、天ぷらにしても美味。

最大の特徴は、カラフルな貝殻です。ピンク、オレンジ、紫色、黄色など、絵の具で着色したのでは? と思うくらい色鮮やか。海の宝石とも呼ばれています。

名前の由来は諸説ありますが、扇形の貝殻を持ち、「緋(深紅色)」のように鮮やかな色合いの貝ということで緋扇貝と名づけられたという説が有力だとか。

檜扇貝と記載されることも多く、こちらは形が宮中で用いられた木製の扇である檜扇(ヒオウギ)に似ていることから檜扇という漢字が当てられたといわれています。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

【貝:関連記事】春とともに、二枚貝が眠っていた「情熱」を目覚めさせる!/2022年4月の開運メシ

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。4月15日発売の5月号では、銀座の奥にあり、銀…