×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介する「ニッポン“チャーラー”の旅」。今回は、チャーハンに力を入れている店で実食。名古屋人にはたまらない組み合わせのチャーハンとのペアリングで、チャーラーの奥深さを知ることに……。

充実のセットメニューに名古屋人テッパンの組み合わせを発見

チャーハンに力を入れているラーメン店はないものかと探していたところ、名古屋人にはたまらないチャーハンを出している店があるらしい。それが今回紹介する『豚骨ラーメン専門店 一兆』である。

店は愛知県一宮市の国道155号線から一本入った場所にある。店の外壁には「チャーハンが美味すぎるラーメン屋」との看板が。探していたのはまさにそれだ。こりゃ期待が持てる。

『豚骨ラーメン専門店 一兆 一宮店』外観
『豚骨ラーメン専門店 一兆 一宮店』外観

店内はカウンター席のみ。訪れたのがお昼時のピークだったため、満席。店内の待合スペースで待つことに。すると、5分も経たないうちに案内された。

メニューを見ると、セットメニューがやたらと充実している。例えば、ラーメンの代金に+290円で半炒飯が付く「半炒飯セット」とか……。あっ、なるほど! そうか! 名古屋人にはたまらないチャーハンというのは、「ふわ玉肉味噌半炒飯セット」(+500円)に違いない。

味噌おでんの玉子や玉子入りの味噌煮込み、卵黄をのせたどて飯など名古屋人にとって味噌と玉子の組み合わせはテッパンなのである。それをチャーハンでやってしまうとは! ということで、ラーメンはデフォルトの「豚骨ラーメン」(790円)を選択。計1290円と、何とも豪華なチャーラーになってしまったが、おいしければよいのだ。

クリーミーで濃厚な味わいの豚骨スープ

まず、目の前に運ばれたのが「豚骨ラーメン」。注文する際、麺のかたさを粉落としとハリガネ、バリカタ、カタめ、普通、柔らかめから選べるのは豚骨ラーメンでは当たり前といえば当たり前。

ここのラーメンは山椒の効いた「シビレ」と唐辛子の効いた「辛味」も抜きと少なめ、普通、増し、増し増し(1段階につき+30円)でそれぞれ選ぶことができるのだ。

「豚骨ラーメン」。丼の左端にあるのが唐辛子と山椒。具材はチャーシューとメンマ、ネギ、焦がしネギ
「豚骨ラーメン」。丼の左端にあるのが唐辛子と山椒。具材はチャーシューとメンマ、ネギ、焦がしネギ

シビレと辛味といえば担々麺の「麻」と「辣」。しかし、豚骨ラーメンのそれは味がまったく想像できないため、筆者はいずれも「普通」を選択。麺のかたさは「カタめ」にした。丼の左側にちょこんと盛られているのが山椒と唐辛子だろう。これらをスープに混ぜて飲んでみる。

うん、たしかにシビレと辛味を感じるものの、豚骨の風味の方が強いためかき消されているような気がする。とはいえ、スープ自体はクリーミーで濃厚な味わいストレートの細麺にもよく合う

ラーメンを堪能していたら、「ふわ玉肉味噌半炒飯」が目の前に。もう、このビジュアルだけでヤラれる。チャーハンの上にふわとろの玉子、そして、たっぷりの肉味噌がオン。何度も言うけど、名古屋人にとって味噌と玉子の組み合わせはテッパンなのである。

次のページ
肉味噌とふわとろ玉子がテンコ盛り...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…