SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介する「ニッポン“チャーラー”の旅」。今回は「蒲郡ブラック」なるものがある情報をキャッチし、愛知県蒲郡市へ。ここで出合ったチャーラーが無限ループに陥るおいしさでした。

富山が発祥の地とされるブラックラーメン。滋賀の「湖国ブラック」や大阪の「高井戸ブラック」、福島の「郡山ブラック」など、富山以外にも全国には「ブラック」の名を冠したラーメンがたくさんある。

味が濃すぎるせいか、とくに富山では好みが分かれるようだが、筆者は富山へ行くたびに食べている。地元の名古屋で食べられないのが残念でたまらない。

小鉢とサラダが付く豪華なチャーラー

ところが、愛知県にもブラックラーメンがあることを知り、早速行ってきた。しかも、メニューにチャーハンもあるという。いざ、チャーラーの旅へ出発!

『中国麺飯食堂 マルナカ』外観。駐車場も完備している
『中国麺飯食堂 マルナカ』外観。駐車場も完備している

愛知県東三河地方の蒲郡市にある『中国麺飯食堂 マルナカ』がそれだ。場所はJR東海道本線蒲郡駅の目の前。いかにも地元で人気の町中華という店構えに心が躍る。しかも、「中国麺飯食堂」という店の名前がイイよね。麺=ラーメンと飯=チャーハンでチャーラー食堂と解釈もできるし(笑)。

メニューを見ると、冷菜や揚げ物、魚介料理、肉料理など町中華のレベルをはるかに超えた本格的な料理がズラリ。それら単品のほか、お値打ちなセットメニューも用意している。選んだのは、もちろん「ラーメンセット」(1050円)。

おや? そういえば、メニューに「ブラック」という文字が見当たらない。「ラーメン」としか書かれていないし、単品メニューにも「ブラックラーメン」の記載はない。いったい、これはどういうことだろうか。ひょっとして、情報はガセだったのか!?

「ラーメンセット」。小鉢とサラダが付くのがうれしい
「ラーメンセット」。小鉢とサラダが付くのがうれしい

待つこと約10分。目の前にラーメンセットが運ばれた。おっ、ラーメンとチャーハン以外にも小鉢とサラダが付く。チャーラーで1000円オーバーという価格はやや高いと思ったが、これなら納得。サラダがあるだけでも罪悪感は和らぐもんね。実際は屁の突っ張りにもならないだろうけど(笑)。

次のページ
文化の香りがする「蒲郡ブラック」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…