SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・中目黒の寿司店『鮨おにかい』です。

隠れ家で堪能する五感に響く旨さ

古民家の細い階段を2階に上がると、そこにカウンター10席だけの暖かい空間が広がっている。旧来の寿司屋で本格的な寿司をつまもうと思うと、どこか緊張感を覚えるものだが、ここではその必要はない。安心して委ねればいいのだ。

つけ台を挟んで向こうとこちらがほぼフラットな視界のひらけたカウンター。程よい距離感で言葉を交わしながら、一品ひと品何が来るのかワクワクしながら待てばよい。料理は3つの小鉢と15貫の寿司で構成される「おまかせコース」だ。

おまかせコース 11000円(にぎり15貫・全18品)

『鮨おにかい』おまかせコース 11000円(にぎり15貫・全18品)の一部 握りは1貫ずつ提供される。握ったり巻く前にネタを見せてくれたり、たとえば〆サバは目の前でスモークしてくれたり、プレゼンテーションも楽しみだ。本日のマグロは大間の本マグロ、大トロはオーストラリア沖の南インドマグロ

吟味され木箱に納められたネタはどれもしっかり仕事されているのがわかるが、まず驚くのはマグロだ。豊洲の卸直の一級品。

寿司の最初の一品には赤身、中トロ、大トロの3つを重ねて一気に巻いたものが登場するが、いきなりの洗礼に悶絶するのは間違いない。長期熟成した赤酢と米酢のブレンドで、わりと酸味の効いたシャリがまたマグロの旨みを引き立てる。

江戸前をベースにひと捻りされたプレゼンテーションはもちろんまだまだ続く。びっくりするほど甘く、柔らかい苫小牧の北寄貝やみずみずしい白イカには、細かく包丁が入って食感も絶妙。

鮮度と後を引く余韻が印象的でなかなかお目にかかれない生ニシン。風干しして皮目だけ軽く炙ったカマスは味が引き出されてふっくらしている。

仕事する手元を眺めるのも楽しい。目で舌で、五感で味わう寿司の醍醐味と奥の深さをじっくりと堪能できるはずだ。

『鮨おにかい』

東京・中目黒『鮨おにかい』

[住所]東京都目黒区上目黒2-18-11 2階
[電話]03-3714-9888
[営業時間]※完全予約制で、12時~14時(※日曜日・祝日のみの営業)、18時~、20時半~(夜は二部制)
[定休日]なし
[交通]東急東横線ほか中目黒駅南改札から徒歩5分

▶おとなの週末2024年4月号は「おにぎりとおべんとう」

2024年4月号
2024年4月号

撮影/貝塚隆、取材/池田一郎
※2023年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…