×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

ザクッとジューシー、かつ超ボリューミーなバーガーを引っ提げて、韓国で人気のファストフード店『MOM’S TOUCH(マムズタッチ)』の日本1号店が2024年4月16日、東京・渋谷にオープンした。海外初の直営店だ。開店に先駆け予約サイトが立ち上がっているが、なんと最初の3日で5600席が売り切れたのだそう。大注目のバーガーを実食した!

icon-gallery

4月16日オープン、ロッテリアを抜いた韓国のファストフードが日本へ!

マムズタッチは1997年に韓国・ソウルで1号店をオープン。2021年には1333店舗となり、韓国国内のファストフード界で絶対的王者だったロッテリアを抜いて、店舗数1位に躍り出た「マムズタッチ」。24年4月現在、1421店舗を展開しているが、韓国バーガーフランチャイズで1400店舗を超えたのは、業界史上初めて。

看板メニューである「サイバーガー」は05年の販売開始以来、累積売り上げで2023年には5億個を超え、横に並べた時の長さはなんと地球4周以上にもなるのだとか。

お披露目された「サイバーガー」と「メガサイバーガー」

99%が「また来たい」

そんな『マムズタッチ』はグローバル展開を目指し、21年にアメリカ、22年にタイ、23年にはモンゴルにフランチャイズ出店。今回の『渋谷マムズタッチ』は海外で初めての直営店となる。

場所は、大勢の人が行き交う渋谷駅前のスクランブル交差点からほど近い。代々木公園に向かう公園通りに面しており、かつて『マクドナルド 渋谷店』があった場所だ。

23年10月には、ポップアップストア(期間限定店)を同じく渋谷に出店している。その際には、最大2時間待ちの大行列ができ、21日間で約3万3000人を集客した。

客の国籍別割合は日本76.5%、韓国15.1%、その他8.4%。客のアンケート(サンプル数3065名)では、99%が「正式オープン時にまた来たい」と回答し、96.9%が「メニューに非常に満足または満足」と答えたのだとか。

おぉ、これは期待が高まる。ということで、いざ実食!

『渋谷マムズタッチ』2階客席。ポップでかわいい

看板メニューは「サイバーガー」

看板メニューの「サイバーガー」(単品520円)は持つとズッシリ。1枚丸ごと揚げた鶏もも肉(=サイ)と、たっぷりのレタスなどを挟んでいて、“あご外れバーガー”の異名通り、ボリュームたっぷり。

まずはこれを食べてほしい「サイバーガー」

チキンは気持ちいいほどのザクザク食感があり、お肉からは肉汁が流れる。味の要はスパイシーなオリジナルのケイジャンスパイスで、ちょっぴり甘めのバンズと相性抜群だ。中にはスライスオニオンのサッパリ感に加え、仕込まれたマヨネーズとピクルスの酸味が程よく効いていて、大きさに驚いた割に食べ飽きもなくペロリといただいてしまった。

ホクホクとサクサクの間の食感がうれしい「ケイジャンフライドポテト」とドリンクのセットだと850円。

ホクホクさとスパイシーさがたまらない「ケイジャンフライドポテト」。チーズをのせた「ケイジャンフライドポテト」(単品R250円)もある
次のページ
渋谷店限定の「本格プルコギバーガー」...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

市村 幸妙
市村 幸妙

市村 幸妙

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…