MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【新宿駅 ランチ】ルミネエスト、新宿サブナードのおすすめ5店!

【新宿駅 ランチ】ルミネエスト、新宿サブナードのおすすめ5店!

「新宿駅のランチ」に関する、グルメ取材記事と写真のページ。新宿駅から直結のビルや地下街には多くの飲食店が集まっています。 アクセスの良さはもちろん、使い勝手も抜群。グルメライターが歩いて食べて本当にいいランチを見つけてきました!

perm_media 《画像ギャラリー》【新宿駅 ランチ】ルミネエスト、新宿サブナードのおすすめ5店!の画像をチェック! navigate_next

駅ビルのランチは2極化が進んでいた

33もの飲食店が入るルミネエストの「7&8ダイナー」
様々な業態のお店が選べるのも魅力だが、多くのお店で16時から17時までお得なランチタイムを実施しているのがポイント。
ただし、全時間グランドメニューでの提供というお店もあるので注意。


一方の「新宿サブナード」は、駅から少し歩くせいか、人出が比較的落ち着いているのが特徴。
とあるお店の方に聞くと、平日はランチタイムでもひとりで店を回せるんだとか。
人口密度の差なのか、ルミネエストの若い年齢層のせいなのか、何となく体感温度までも異なるように感じるのは私だけ!?

レイトランチならルミネエスト、じっくりお店を選び、ゆっくり過ごしたいならサブナードがおすすめだ。

駅の近くで素早く贅沢に食べるなら『ルミネエスト』!

エッグアンドスプーマ

▲特製ふわふわオムレツプレート 1380円
(グリルチキン、鶏グラスソース)

メレンゲが入ったふわっふわで繊細な口当たりの特製オムレツとオムリゾットが人気の『エッグアンドスプーマ』。オムレツには「スパイスカレー」など、5種類の個性あふれるソースを選択。チキン南蛮やハンバーグなど5タイプの鶏料理(1380円〜)を選び、プレートで提供される。ランチはドリンクが300円とお得だ。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 8F [TEL]03-6273-0255 [営業時間]11時~23時(22時LO、ランチは17時まで) [休日]施設に準ずる

しゃぶしゃぶ野の豚 TONVEGE

▲豚しゃぶランチ 1080円

ガッツリ派の味方といえる『しゃぶしゃぶ野の豚 TONVEGE』。たっぷりの野菜とロース・バラ肉計90gの豚しゃぶを提供する、最上級のコスパを誇るランチが愉しめる。ドリンク付きの上、ご飯はお替わり自由なのもうれしい。タジン鍋で蒸された「ポットランチ」(1296円)や「たまごかけかつ煮」(1274円)の他、「豚しゃぶ食べ放題」(1750円)もある。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 7F [TEL]03-5360-7135 [営業時間]11時~23時(入店は~21時半、ランチは16時まで) [休日]施設に準ずる

THE SMILE

▲アボカドモッツァレラバーガー 1436円
(ドリンク、ベビーリーフサラダ付き/昼)

原宿の人気店「ザ グレート バーガー」がプロデュースする、ルミネエストの中でも高い人気を誇るアメリカンダイナーの『THE SMILE』。すべてのバーガーとサンドイッチに付くフレンチフライ、ホワイト・胚芽・ブラウンの3種を揃えるサンドイッチのパンなど、自分好みに選べる。トッピングも豊富で自由にカスタマイズできるのがうれしい。店内で手作りされるスイーツは、食事代わりにもできるほどボリューム満点。インテリアにもこだわった店内は、ポップとヴィンテージが共存する、駅ビル内とは思えない洒落た空間だ。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 7F [TEL]03-3353-5071 [営業時間]11時~23時(22時LO、ランチは16時まで) [休日]施設に準ずる [席]全席禁煙/平日の5名以上のみ予約可/カード可/サなし


喧騒を離れてゆったりとくつろぐなら『新宿 サブナード』!

新宿 秀山

▲秀山セット 1240円
(フカヒレ丼・担々麺ハーフ)

フカヒレと担々麺がメインの『新宿 秀山』。やさしい味わいの「フカヒレ丼」と、濃厚なゴマが香る「担々麺」のセットはランチタイムのみ。その他、回鍋肉など4種の定食セットは820円で提供。「坦々つけ麺」(950円)や「味噌担々麺」(980円)など独自メニューも豊富だ。13時半から17時までは、コーヒーまたはウーロン茶がサービスとなる。


[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-2-2 [TEL]03-3354-6347 [営業時間]11時~22時半(22時半LO、ランチは17時まで) [休日]施設に準ずる

ハンバーグ&ステーキ バンビ

▲ゴールデンMix 1150円
(生姜焼、和牛ハンバーグステーキ、海老フライ、カニクリームコロッケ、ライス、スープ)

サブナードで一番老舗の洋食店『バンビ』。店で仕込んだジューシーなハンバーグなど、ホッとする懐かしい味わいだ。ランチメニューは680円から6種類あり、メインにコンソメスープとライスまたはパン付き。レシートを見せると、次回はウーロン茶またはコーヒーのワンドリンクサービスも。期間限定でお得なメニューも提供する。


[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-2-2 [TEL]03-3355-5039 [営業時間]11時~22時半(22時LO、ランチは15時まで) [休日]施設に準ずる


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル