×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

「目指せ、理想の大人」をメインテーマに掲げて始まった、「ティモンディ前田裕太の“おとな”入門」。自身の経験や見聞きしたエピソードから思考を広げてきた「コラム形式」から、次のステップへと進みます!
その内容は、「お悩み相談」です。これまで約1年半のコラム連載を通して、食・あそび・勉強・旅…と、様々なテーマで「(理想の)大人とは?」について考え、目指してきた (そしてこれからも目指していく)前田さん。その経験を生かした視点で、皆さんから寄せられたお悩み相談に答えていきますよ◎第24回の今回は、ひとりでいると、ついついダラダラ過ごしてしまう……というご相談です。

[今回のお悩み]

「これといった趣味がなく、ついダラダラして休みを無駄に過ごしてしまいます」

ひとりでいるとどうしてもダラダラしてしまうことが悩みです。

友達が多い方でもないのでひとりでも充実した時間を過ごすために何か趣味を作りたいと思っているのですが、実際に行動を起こすところまでに至らず、休みの日はついダラダラと過ごしてしまい、夕方になって「一日を無駄にした……」と焦ります(掃除・洗濯・料理など基本的なことはしています)。

始めてみたいと思うことはいくつかあって、調べてみることもあります。それでも結局ダラダラしてしまうということは、それが自分にとって一番リラックスできる過ごし方なんだと割り切った方がよいでしょうか。

(30代・女性)

「時間」を浪費するのは、お金を使うより贅沢!

ダラダラと過ごすことは贅沢なことだ!

金銭は労働で貰えるけれど、我々に残された“時間”は減る一方。

増えることのない有限の時間という資産を浪費する行為は、働けば増えるお金を何かに使うことよりも贅沢なことなのだ。

ダラダラできる余裕があるのであれば、目一杯何もしない贅沢を満喫するといいだろう。

怠惰にかまけてしまっているから贅沢だとは思えない?のんびりと時間を過ごすことのできない人間がここにいるというのに。なんと羨ましいことだろう。

何事も、持っている側の人間というのは、その大切さに気づきにくいものなのだろうか。

いかなるものも、迫られれば迫られるほど、選択肢というのは無くなってくるんですよ。やらざるを得ないのだ。相談者の方は、労働せざるを得ない状況ではないからこそ、のんびりできる時間の余裕を持てているのでしょう。

ゆっくりと家で過ごして、なんでもやろうと思えばできる選択肢がある状態というのは、豊かな証なんです。

その状態で何もしないという選択をしているのに、一日を無駄にしたと思ってしまうのは勿体無いですね。

次のページ
「やりたい」を「やる」という“予定”にしよう...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

ティモンディ前田裕太
ティモンディ前田裕太

ティモンディ前田裕太

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…