MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業の画像をチェック! navigate_next

赤坂 松葉屋(最寄駅:赤坂駅)

存在感のある松茸たっぷりのご飯がランチはおかわり自由!

現在の店舗は、料亭だった建物の趣を残したままリニューアルした贅沢な空間。夜は飛騨牛などを使った「松茸づくし会席」が7560円(サ別)~があるが、ランチなら大きくカットされた松茸がたっぷり入った炊き込みご飯がおかわり自由! 鯛をベースにコンブとカツオ少々を利かせたダシで炊いた松茸ご飯。鶏そぼろと油揚げでコクを足している。予約で席が埋まってしまうことも多いので注意。

黒毛和牛すき焼き御膳(100g)
2160円

一頭買いした黒毛和牛を使用したすき焼き。柔らかで脂のりのいい肩ロースにすっきりめの割下が抜群。小鉢や付け合わせ類などは日替わり。入口では、このゴボウの牛肉巻きのほか、鯛茶漬けなどの加工品を購入できる

三元豚ロース西京焼御膳
1620円

元・味噌屋のプライドを誇るしっとりジューシーな西京漬焼。限定10食の御膳

お店からの一言

店主 宮南 譲さん

「特殊な冷凍技術で一年中美味しい松茸ご飯をどうぞ」

赤坂 松葉屋

[住所]東京都港区赤坂3-13-16 [TEL]03-3583-9595 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時(20時最終入店)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]62席/全席禁煙/予約可/カード可/夜のみサ10%、夜・単品のみお通し代864円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3583-9595
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
万雷の拍手で迎えたくなる王道の定食だ。絶妙な塩梅の粕漬けの紅鮭、さりげない野菜小鉢、滋味深い味噌汁。
テーマは“47都道府県レストラン”。日本各地で真面目に作られる特産品や地域で親しまれる郷土料理を東京で発信するアンテナショップ的存在だ。
栄養豊富で健康的な美味しい和食を提案する店。全て国産素材で、魚や野菜など生しか使わない。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
安くて量のある定食に定評あり。自粛期間中も人気が高かったという180g 300円の酢豚は、ごろごろ野菜と肉厚の豚肉がしっかりと入って驚きの価格。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル