SNSで最新情報をチェック

「おとなの週末2024年6月号」の取材のため、ナポリタンを実食したスタッフからライター菜々山と編集武内による対談。ナポリタンの魅力、存分に語ります。

あの色、あの味が忘れられない……

武「ナポリタンって難しいですよね……、茹で置きした麺、ウィンナー(ベーコン)、ピーマン、玉ねぎなどの具材、味付けにはケチャップを使い、よく炒め合わせる。というのが定番なので、どこで食べてもそれなりにおいしいだったら近所でいいじゃんってなりますよね。わざわざ食べに行ってもらいたいと思える店を探すのに苦労しました

菜「分かる〜!でもこちらの洋食店・レストラン部門では個性が光る店がたくさんあったよ」

武「ほほう、例えば?」

菜「『essence』の具はなんとキムチ。これが意外にもよく合うんだな。それに『ウシータ』は普通の乾麺じゃなく、浅草開化楼の生麺を使っていたし」

武「こちらも『フェブラリーキッチン』って店でも同じ製麺所のものを使ってましたよ。オムレツを乗せて味の濃さを中和させてるのも個人的に好み。他の店でも熱々の鉄板でとか、グラタンにするとか、おいしくするための工夫と探究心を感じました」

『フェブラリーキッチン』東京オムナポリタン 1400円 パスタの迫力で小さく見えるが、オムレツには約3個の卵を使用したLサイズ

菜「工夫といえばソースもだよね。『ケルン』では仕上げにデミグラスを加えてコクと深みを出していたし、ケチャップだけじゃなくピューレや水煮も使って味に複雑味を感じる店も多かった」

武「こちらの喫茶店部門でソースの個性を感じたのは『ラドリオ』です。ケチャップとタバスコをあらかじめ合わせておくので出来上がりがほんのり辛口。ナポリタン=甘いだけじゃなく、後味にシャープなキレもありました」

『ラドリオ』細めの麺にスパイシーなソースがよく絡まっているだけでなく、トマトジュースの旨みも効いて力強いおいしさ
次のページ
ケチャップの味の強さ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…