MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

愛知県は食材の宝庫である。それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。 名古屋駅から徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。 ここに、地元食材を9割以上使った絶品コースメニューがあるのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コースの画像をチェック! navigate_next

9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース



愛知県は食材の宝庫である。

それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。

しかし、味噌かつや手羽先などの名古屋めしも地元産の食材を使っているわけではない。

使えば格段に美味しくなることはわかっていても、コストや安定供給の面で二の足を踏んでしまうのだ。


名古屋駅太閤通口から南へ徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。

しかし、店の周りには、名古屋めしの有名店が数多くある。

それらの知名度の高さに対抗すべく、大規模なコースメニューの見直しを行った。


「まずは食材をイチから見直しました。
メニューを考えるなかで、名古屋めしにこだわらず、愛知県産の食材の美味しさを伝えたいと思うようになりました。
そして、9割以上の地元産食材を使ったコースが生まれました」
と、店長の後藤翔さん。


それが、全10品120分の飲み放題が付く「愛知県の地産にこだわった贅沢コース」(5980円)。

コースの主なメニューを順番に見ていこう。


まずは、名古屋めしの定番、手羽先の唐揚げ。

大手チェーンの場合、タイ産など外国産の鶏を使用しているが、ココは日本一の鶏肉、「名古屋コーチンの手羽先」。

肉質はもちろん、脂や皮も巷の鶏肉とはひと味もふた味も違う。

しかも、この大きさ!

かなり食べ応えがある。



続いて、「名古屋コーチンの八丁味噌焼き」。

八丁味噌ベースのタレに漬け込んだ名古屋コーチンの、もも肉とむね肉を焼き上げた一品だ。

八丁味噌は見た目よりも辛くはないのが特徴で、コーチンの旨みを見事に引き出している。

こんなの、旨いに決まってる(笑)。

お酒が永遠に呑めそうだ。


こちらは、「三河産黒毛和牛のすき焼き」。

三河牛は、飛騨牛や松阪牛よりも知名度は低いものの、愛知県を代表する黒毛和牛であり、脂の口溶けや濃厚な赤身の旨みは決して引けを取らない。

すき焼きには、大きくカットしたA4等級の肩ロースを使用している。


圧巻は、「産地直送!!愛知の地魚盛合せ」。

内容は日替わりだが、愛知県のブランド魚、絹姫サーモンや日間賀島産のタコ、豊浜産のスズキなど全7種類が豪快に盛られている。

三河湾産の魚介は、地元よりもむしろ東京の料亭や高級レストランで評価されている。

シェフが仕入れると、メニュー名に「愛知県三河湾産○○の……」と、わざわざ書き加えるほどなのだ。


コースの〆は、「ひつまぶし」。

ここ数年、鰻はずっと価格が高騰しているが、三河産にこだわって仕入れているという。

名古屋の鰻は、蒸さずに焼く地焼き。

皮はパリッと、身はふんわりと焼き上げた鰻を心ゆくまで堪能しよう。


「料理に使う醤油やみりん、お酒もすべて地元産にこだわっています。
地元産の食材との相性は最高ですので、それも楽しんでいただければ。

観光や出張で名古屋を訪れた方はもちろんですが、地元の人にも愛知県の食材のすばらしさを伝えていきたいと思っています」(後藤さん)


■『名駅 宴処 花かるた』
[住所]愛知県名古屋市中村区椿町16-22 [TEL]052-452-7730 [営業時間]11時半~14時半、17時~24時(23時半L.O.)※金、土、祝全日の夜は~24時半(24時L.O.) [定休日]年中無休、土曜日・日曜日・祝日のランチはお休み






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル