MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(46) 台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ

名古屋エリア限定グルメ情報(46) 台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ

私事で恐縮だが、今年の夏休みは少し後にズラして、ずっと前から行きたかった台湾へ行く予定。牛肉麺や魯肉飯、小籠包などを食べまくろうと思っている。それだけに、今、私は「台湾」というフレーズに敏感になっているのだ(笑)。 ってことで、名古屋に居ながら本場台湾の味が楽しめる店を発見した……。

台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ



私事で恐縮だが、今年の夏休みは少し後にズラして、9月前半にとろうと思っている。

ずっと前から行きたかった台湾へ行く予定。

牛肉麺や魯肉飯、小籠包などを食べまくろうと思っている。

それだけに、今、私は「台湾」というフレーズに敏感になっているのだ(笑)。


ってことで、名古屋に居ながら本場台湾の味が楽しめる店を発見した。

その名も『花果(ホアクア)』。

2003(平成15)年に瑞穂区で創業し、5年前に現在の昭和区台町へ移転したという。


店を切り盛りしているのは、公文加奈子さん(右)と妹の亜弥子さん(左)。

2人とも大のアジア好きで、亜弥子さんは台湾に留学して、料理やお茶を学んだ経験を持つ。


「台湾やベトナムで食べたものが本当に美味しくかったんです。
レストランのような高級な料理ではなく、現地の人が日常的に食べている素朴な家庭料理を紹介したいと思ったんです。
今でも年に1回は台湾かベトナムに足を運んで、現地の味を研究しています」
と、加奈子さん。



現在、メニューは、フード約20種類とスイーツ約10種類、ドリンク7種類、中国茶6種類がそろう。

なかでも店のイチオシは、「魯肉飯セット」(800円)。

魯肉飯は、八角やシナモンなどのスパイスと醤油で煮込んだ豚肉と味付け卵をのせたシンプルなご飯ものだ。

これに日替わりのスープと小鉢が2品付く。


「豚肉は骨付きのものをじっくりと煮込んでいます。
骨から出る旨みも楽しんでください」と、亜弥子さんの言うとおり、豚肉の旨みとスパイスの香りが絶妙にマッチして、ご飯が進みまくり。

実は私、魯肉飯を食べるのは初めてだったが、大満足だった。

台湾旅行が、ますます楽しみになった(笑)。


ココはスイーツも評判がよく、加奈子さん・亜弥子さん姉妹が勧めてくださったのが、「桂圓紅棗(グエィユェンホンザオ)」(580円)。

漢方薬にも用いられる紅ナツメや龍眼、ハスの実、クコの実などをじっくりと煮出した台湾のデザートスープだ。


台湾産の赤砂糖のすっきりとした甘みが具材の風味と相まって、ひと口味わうごとに夏の疲れた身体をじんわりと癒やしてくれる。

血行不良や冷え性、美肌にも効果があるといわれていて、夏は氷入りのアイスのほか、冬はホットも用意している。


今でこそアジアやエスニックの店は名古屋でも定着しつつあるが、オープン当初は苦戦を強いられたことだろう。

自分がこれまで食べたことのない料理に抵抗を感じるのが、保守的な名古屋人気質なのだ。


「たしかに、なかなか受け入れてもらえなくて大変でした。
でも、最近では近所に住む方や近くで働いてらっしゃる方がお昼ご飯や夕飯に料理をテイクアウトすることも多くなりました」
と加奈子さん。


今では9種類のテイクアウト用のお弁当も用意している。

なかでも人気なのは、タイ料理をベースにアレンジした「チキンヤムヤムサラダ弁当」(620円)。

茹でた鶏もも肉とたっぷりの野菜、ご飯に甘酸っぱいドレッシングをかけていただくヘルシーな一品だ。

暑くて食欲が失せがちなこの季節でも美味しく食べられる。


台湾やベトナムのビールも用意しているそうなので、今度は夜に訪れたいと思う。


花果
[住所]愛知県名古屋市昭和区台町3-3-1
[TEL]052-851-1177
[営業時間]10時~19時(木は~14時)
[定休日]火曜







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
108views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt