MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)

[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)

プチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)[アクセス]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)の画像をチェック! navigate_next

プチ文壇バー月に吠える(最寄駅:新宿駅)

どなたさまもいらっしゃ~い!日本一敷居の低い文壇バー「プチ文壇バー月に吠える」

 大人になって随分たつので、入れない店はないと思っていたけれど、まだ壁はあったのだ。 それが文壇バー。本好きとしては興味津々だけど、ベルリンの壁(昭和!)のごとくとっかかりが見つからない。そんな迷える素人を受けて入れてくれるプチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。

 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)。とはいえ、こじらせ系のお客に「好きな作家とその理由を500字以内で述べよ」とか言われたらどうしよう…などと妄想を膨らませつつドアを開いた。カウンターだけの店内には、文庫本がズラリと並んでいるものの、20~30代のお客さんが普通に飲んでいて、明るく健康的な雰囲気だ。

 ジャーナリストでもあるオーナーの肥沼さんはシャイな草食男子風。店に立つスタッフは日替わりで、その日によって雰囲気もガラリと変わるそう。ちなみに日曜日はアメリカ人の牧師がやる牧師バーなんだそうだ。「本について気軽に語れる場所を作りたくて」と肥沼さん。人気があるので実は2軒目もオープン予定とか。テーマは“本と猫”。平成版文壇バーはオヤジよりも乙女にウケそうである。

右の肥沼さんが手に持っているのは著書。左はスタッフのアリマさん

プチ文壇バー月に吠えるの店舗情報

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り ☎080-8740-9958 [営]19時~翌2時、日・祝18:00~24:00 [休]不定休、年末年始 [席]カウンター8席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、チャージ500円 [交]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分

電話番号 080-8740-9958
2016年1月号発売時点の情報です。

[新宿ゴールデン街]関連記事

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1026views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル