MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)

[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)

プチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)[アクセス]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)の画像をチェック! navigate_next

プチ文壇バー月に吠える(最寄駅:新宿駅)

どなたさまもいらっしゃ~い!日本一敷居の低い文壇バー「プチ文壇バー月に吠える」

 大人になって随分たつので、入れない店はないと思っていたけれど、まだ壁はあったのだ。 それが文壇バー。本好きとしては興味津々だけど、ベルリンの壁(昭和!)のごとくとっかかりが見つからない。そんな迷える素人を受けて入れてくれるプチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。

 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)。とはいえ、こじらせ系のお客に「好きな作家とその理由を500字以内で述べよ」とか言われたらどうしよう…などと妄想を膨らませつつドアを開いた。カウンターだけの店内には、文庫本がズラリと並んでいるものの、20~30代のお客さんが普通に飲んでいて、明るく健康的な雰囲気だ。

 ジャーナリストでもあるオーナーの肥沼さんはシャイな草食男子風。店に立つスタッフは日替わりで、その日によって雰囲気もガラリと変わるそう。ちなみに日曜日はアメリカ人の牧師がやる牧師バーなんだそうだ。「本について気軽に語れる場所を作りたくて」と肥沼さん。人気があるので実は2軒目もオープン予定とか。テーマは“本と猫”。平成版文壇バーはオヤジよりも乙女にウケそうである。

右の肥沼さんが手に持っているのは著書。左はスタッフのアリマさん

プチ文壇バー月に吠えるの店舗情報

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り ☎080-8740-9958 [営]19時~翌2時、日・祝18:00~24:00 [休]不定休、年末年始 [席]カウンター8席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、チャージ500円 [交]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分

電話番号 080-8740-9958
2016年1月号発売時点の情報です。

[新宿ゴールデン街]関連記事

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル