MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

perm_media 《画像ギャラリー》蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>の画像をチェック! navigate_next

季節を楽しむ蕎麦から、産地の味わいを食べ比べる蕎麦まで

「変わり蕎麦」とは旬の素材を練りこんだ蕎麦のこと。季節の訪れを感じる風雅な蕎麦として江戸の昔から愛されてきた。本来は江戸蕎麦御三家のひとつ〈更科〉に伝わるお家芸で、真っ白で淡白な更科粉だからこそ多種多様な味と調和する。蓬よもぎや柚子切りは定番だが、最近ではトマトやハーブといった洋風の素材も使われる。

「変わり蕎麦は色がつくので、私たちは色物と呼んでいます。ですが使う素材に決まりはないんですよ。昔からさまざまなものを練りこんで職人たちが腕を競ったのでしょう」と話すのは『布恒更科』の三代目伊島巧さん。

さて、色物が伝統的な“変わり”だとしたら、現代のそれはバラエティのある打ち方や、粗挽きのように製粉で変化をつけた蕎麦かもしれない。
『ら すとらあだ』では多彩に変化をつけた蕎麦を出す。スペシャリテは平打ちだ。「イタリアンの料理人さんとコラボレーションした時、タリアテッレをイメージして作ったのが始まりです」と店主の日比谷吉弘さん。

この平打ち、最近では若手の蕎麦屋で見かけることも増えている。こうした蕎麦は産地や生産者ごとに異なる蕎麦の個性を生かすためのもの。蕎麦の世界もワインのようにテロワールや生産者を問う時代が始まっているのだ。

布恒更科(最寄駅:大森海岸駅)

江戸の職人たちが腕前を競い合った伝統の“色物”

左から 紫芋切り、柚子切り 各1130円

『布恒更科』は藪蕎麦、砂場と並ぶ江戸蕎麦御三家といわれる更科の直系で1963(昭和38)年創業。
蕎麦の実の芯から取れる一番粉だけで打つ真っ白い更科蕎麦の他に、月ごとに変わり蕎麦を打つのは先代からの伝統だ。
春の桜海老、初夏の木の芽、夏のトマトなどをはじめ、季節ごとに常に新しい試みにも挑戦している。


[住所]東京都品川区南大井3-18-8 [TEL]03-3761-7373 [営業時間]11時半~14時40分LO、17時~19時50分LO ※ランチタイム有 [休日]日、祝日の夜

ら すとらあだ(最寄駅:中野坂上駅)

蕎麦の可能性を模索する革新のキーワードは“産地”

コースより「平打ち」

「のど越しではなく、噛みしめて美味しい蕎麦を」と、できる限り産地を訪ねて畑を知り、生産者と話すことで知識を深めて蕎麦を打つ。
『ら すとらあだ』は削ぎ落としたようにシンプルでピュアな料理と、お燗でも美味しい日本酒が充実している。
夜はおまかせコースのみで、形状の異なる蕎麦や産地違いを3種類ほど味わえる。


[住所]東京都中野区本町2-41-2 [TEL]03-6276-8364 [営業時間]木12時~14時、火・水・金18時半~19時半最終入店、土12時~15時 ※ランチタイム有 [休日]日・月

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。
肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。
『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。
蕎麦屋の一品の中でもファンが多い〈そばがき〉は、なんといっても薫る風味が身上。また、形状や食感もさまざまで、店ごとの個性が窺えるのも面白い。そんな奥深い〈そばがき〉を、歴史も踏まえて考察してみたい。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
華やかな種もの蕎麦とは真逆の世界観の蕎麦が「かけ」と「花巻」。その静謐で奥ゆかしく、けれど心底「旨ぇ・・・」と感じる沁み渡る味わいは、姿は地味にして味わいは滋味深い、温蕎麦の宝なのです。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル