MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ら すとらあだ(そば/中野坂上)|看板のない小さな蕎麦店

ら すとらあだ(そば/中野坂上)|看板のない小さな蕎麦店

中野坂上エリアのそば屋「ら すとらあだ」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。住宅街の民家を改装した店には看板がないが、ここはそば好き、日本酒好きには広く知られている小さな蕎麦店だ。メニューはおまかせコースのみ。ら すとらあだ[交]地下鉄丸ノ内線中野坂上駅3番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

ら すとらあだ(最寄駅:中野坂上駅)

「とんとろと野菜のかえし炒め」など、ユニークな蕎麦前は日本酒との相性もよく、ゆるゆる飲みながら、料理と蕎麦を楽しめる。 店主の日比谷さんが打つ蕎麦は手挽き、自家製粉。パスタのような平打ちから蕎麦の旨みが濃厚な太打ちなど、各地の農家から届く蕎麦を、それぞれの特徴を考えて使い分けている。 まずはクラフトビールで軽く喉を湿らせて、冷やから燗へと移行するもよし。日本酒好きとしても知られる店主におまかせするもよし。50種類は下らない銘柄があり、日本酒好きならずとも飲み比べてみたくなる。

平打ちかけそば 太打ちせいろ 細切りせいろ
※すべてコースの蕎麦より

コースの蕎麦は2~3種類あり、その都度内容も変わる。取材時は、平打ちは埼玉県・三芳町産、太打ちは北海道・雨竜町産、細切りは長野県・松本産と北海道のブレンド

とんとろと野菜のかえし炒め出汁巻きたまごにらのお浸し
※すべてコースより

その時により変わるコースからの抜粋。かえしを使った炒め物はとんとろの脂とかえしのコクが芳醇な酒を呼ぶ

カブとささみの胡麻和え
(※コースより一例)

かえしや黒糖などを隠し味にした、ほんのり甘みのある胡麻和え。しんなりしたささみとカブ、歯応えのあるミョウガ入り。スッキリして優しい風合いの酒がすすむ

「奥羽自慢」「るみ子のお燗」「諏訪泉満天星」
各一合700円

ら すとらあだ

[住所]東京都中野区本町2-41-2 [TEL]03-6276-8364 [営業時間]火・水・金 18時半~21時、木 12時~14時、土 12時~15時 [休日]日、月 [座席]カウンター3席、テーブル4席、計7席/全席禁煙/予約が望ましい/カード可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄丸ノ内線中野坂上駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-6276-8364
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
 庶民的な小さな商店街の一角。昭和32年創業の店は、町の食堂として親しまれている。
店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。
昔ながらの町の蕎麦屋然とした佇まいもいいのだが、蕎麦よりもラーメンの注文が多いというくらいの人気の店がこちら。
 創業は昭和10年、そしてラーメンは戦後すぐに誕生したという。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt