MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鯨料理の旨さを知って欲しい!千駄木『HIMITSU KUJIRA(ひみつくじら)』

鯨料理の旨さを知って欲しい!千駄木『HIMITSU KUJIRA(ひみつくじら)』

房総のツチクジラを中心に3~5種類(漁期による)。伝統ある様々な沿岸捕鯨のクジラだけを扱う日本初&唯一の専門店。

perm_media 《画像ギャラリー》鯨料理の旨さを知って欲しい!千駄木『HIMITSU KUJIRA(ひみつくじら)』の画像をチェック! navigate_next

HIMITSU KUJIRA(ひみつくじら)(最寄駅:千駄木駅)

日本近海のクジラ肉の美味と美酒に酔う!

初めてなら定番をひと通り味わえるコース料理がオススメ。定番とはいえ、色々なクジラの腹や背肉、さえずり(舌)など刺身の内容からして他とは異なる本格派に、クジラの新たな魅力に目覚めること間違いなし!

鯨入門コース(18時台の予約限定)
4800円

捕鯨基地から直送される鯨の刺身盛り合わせ、自家製スモークベーコンの炭火炙り、無農薬・国産菜種油で揚げる龍田揚げ、捕鯨基地近隣から直送される有機野菜や山菜、卵を使う料理やデザートが付く(一部選択制)

本日のおすすめ鯨の炭火ローストレアステーキ(写真は長井港産ザトウクジラ)
2280円~

繊細な旨みの赤肉を地酒とともに

お店からの一言

石川 元さん 石川 輝人くん 石川 亜希さん 越川 満さん

「美味しくて体が喜ぶ料理の数々をご堪能ください」

HIMITSU KUJIRA(ひみつくじら)の店舗情報

[住所]東京都文京区根津1-27-7 フジホーマンション1階 [TEL]03-5834-7157 [営業時間]18時~23時 ※食材完売次第終了 [休日]日、第1月・第3月 [席]計14席/全席禁煙/要予約(当日可)/カード可/席料として7%別 [交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩7分、根津駅1番出口から徒歩6分※『ひみつくじら』のメニューの価格はすべて税抜きです。

電話番号 03-5834-7157
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
万雷の拍手で迎えたくなる王道の定食だ。絶妙な塩梅の粕漬けの紅鮭、さりげない野菜小鉢、滋味深い味噌汁。
テーマは“47都道府県レストラン”。日本各地で真面目に作られる特産品や地域で親しまれる郷土料理を東京で発信するアンテナショップ的存在だ。
栄養豊富で健康的な美味しい和食を提案する店。全て国産素材で、魚や野菜など生しか使わない。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
安くて量のある定食に定評あり。自粛期間中も人気が高かったという180g 300円の酢豚は、ごろごろ野菜と肉厚の豚肉がしっかりと入って驚きの価格。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル