MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
そよいち(洋食/人形町)|世界も認めたニッポンのビーフカツ

そよいち(洋食/人形町)|世界も認めたニッポンのビーフカツ

そよいちは2年連続でミシュランガイドのビブグルマンにも選ばれた実力派の洋食店。[交]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

そよいち(最寄駅:人形町駅)

店主の石井明美さんは、人形町の老舗、『キラク』の創業者の娘で、18歳から厨房に立ってきた。 1人前に2枚づけされるビーフカツは、黒毛和牛のランプとイチボ。特注するごく細かな目のパン粉をまとわせ、約200度に熱した高温のラードでサックリ揚げている。酸味をおさえた自家製マヨネーズで和えた、懐かしい味わいのマカロニサラダのつけ合わせが、これまたニクイ名脇役なのだ。

ビーフカツ
1900円

ほどよい脂の甘みを楽しめるイチボ(手前)と、柔らかな赤身のランプ(奥)の2種類をひと皿で味わえる。セットにはおかわり自由のライスに、ゴボウと豚肉で作る豚汁が付く

ポークカツ
1750円

国産豚ロースを使用。脂身が少なくあっさりとした味わいながらも、ラードで揚げられた衣の香ばしさが際立っている

そよいちの関連記事

そよいち

[住所]東京都中央区日本橋人形町1-9-6
[TEL]03-3666-9993
[営業時間]11時〜14時半LO、17時半〜20時LO
[休日]日・月
[座席]カウンター15席 計15席/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3666-9993
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
「うちは洋食屋ですが、その前に美味しいグラタン屋でありたいんですよ」そう話す店長の大友さん。最後のひと口まで飽きることなく食べられるグラタンの味を追求してきた。
フランス版おふくろの味と言える「仔羊の煮込み」はフランス語ではナヴァラン・ダニョー。ダシを使わず、野菜と白ワインで仔羊を柔らかく、柔らかく煮込む。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt