MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
湯島の郷土料理『あおもり 湯島』

湯島の郷土料理『あおもり 湯島』

八戸出身の店主・蔦林さん親子は言わば青森の宣伝隊。生産者が真面目に作っている本物の食材を知ってほしいと故郷の味をココ東京で独自に広めてるのだから。

あおもり 湯島(最寄駅:湯島駅)

食材も酒もみーんな青森直送!

夜はおまかせ中心で、写真のコースは八戸サバなど定番以外に季節によってホヤのしゃぶしゃぶなど選べる小鍋も付く充実ぶり。しかもお腹の加減で途中ストップOKなんてどこまで客目線なの!? 酒も地元産。来ればアナタも虜です!

青森三昧「旬」(一部内容は仕入れで変わる) (選べる小鍋(ホヤと海草しゃぶしゃぶ))
4300円

八戸から届く新鮮なホヤを使ったオリジナル鍋。プリッとした食感。サッと火を通すと苦手な人も食べやすい。メカブなど海草もたっぷりだ

きんきのすいとん、酒の肴四点盛「八寸」、先附 青森の旬で一品(とげくり蟹)
 

地元の毛ガ二が先付とは贅沢。八寸には名物「サバ燻製ポテトサラダ」が必ず入る

日本酒は青森産。希少な銘柄も

塩アイス最中、青森のお肉で一品(シャモロック胸肉たたきと金木産馬刺し)、八戸せんべい汁、八戸サバの食べ比べ三種
 

八戸サバや青森シャモロックなどを使う料理はどれも絶品。〆は塩を利かせたアイスで、最後まで酒のつまみになる味わい

お店からの一言

店主 蔦林直樹さん・大成さん(右)親子

築地なら地元の倍はする食材を産直で安く提供しています

あおもり 湯島の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-37-3 RMビル1階 [TEL]03-3835-8006 [営業時間]11時半~14時半、17時~22時半、土17時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり。全18席/全席禁煙/予約可/カード可(15000円以上)/サなし、お通し600円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅4番出口から徒歩2分

電話番号 03-3835-8006
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
202views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt