MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
駒澤大学前の郷土料理『HanaHana*yano』

駒澤大学前の郷土料理『HanaHana*yano』

屋号の「ハナハナ」は、沖縄の言葉で「乾杯」を意味することから。明るくかわいらしい店内の雰囲気とは裏腹に、コース、アラカルトともに大皿に景気よく盛られるのが特徴だ。

perm_media 《画像ギャラリー》駒澤大学前の郷土料理『HanaHana*yano』の画像をチェック! navigate_next

HanaHana*yano(最寄駅:駒澤大学前駅)

ゆったり空間で南国・沖縄の優しい味を堪能

ひとり3000円のコースでは、沖縄産の素材をふんだんに使ったなじみのある沖縄料理を堪能できる。アラカルトでは、てびち・海ぶどうなどに店主・矢野宏子さんのアレンジを加えた珍しい料理も。これからの季節、ぜひ足を運びたい。

3000円コース(島豆腐のサラダ、海ぶどう、ゴーヤチャンプルー)
3000円

2~3人前から注文を受けている。他店にはない海ぶどうの山盛り具合にも注目!

丸~い 焼てびちー、たっぷり海ぶどうとアボカドと生ハムのシーザードレッシングのサラダ
980円、1000円

煮込んだ豚足をカリっと焼いた「焼てびちー」は、とろける食感と香ばしさのバランスが絶妙。海ぶどうをシーザードレッシングで食す新感覚のサラダも美味

ラフテー、ゴーヤの天ぷら、琉球島やきそば

肉厚のゴーヤは宮古島産(取材時)

「いりおもて」ほか泡盛は580円~

HanaHana*yanoの店舗情報

[住所]東京都目黒区八雲5-1-16 八雲フラット1階 [TEL]03-6459-5626 [営業時間]18時~24時、日・祝18時~23時半 [休日]月 [席]カウンターあり、全18席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ300円 [交通アクセス]東急田園都市線駒沢大学駅東口から徒歩15分

電話番号 03-6459-5626
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
海外はもちろん、国内への旅もなかなか難しい昨今。旅へ行きたい! という気分を満たすべく、都内で楽しめる全国の郷土料理店をご紹介! ここでは、北海道、広島、沖縄の店が登場。郷土の味と酒を楽しみながら、少しでも旅気分を味わってみては?
生産者から直送の新鮮な馬刺しに、オーダーが入ってから衣を付けて揚げた熱々の辛子蓮根、歯触りしゃっきりの一文字ぐるぐるなど、熊本が誇る旨いものが一挙に集結。そんな心魅かれる郷土料理に加えて、カウンター内にある焼き場で煙を上げるのが、日本最大級の地鶏「天草大王」の串だ。
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル