MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
神楽坂 芝蘭(中華料理/神楽坂)

神楽坂 芝蘭(中華料理/神楽坂)

 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。

神楽坂 芝蘭(最寄駅:飯田橋駅)

ふるふるのフカヒレ煮でリッチに美味しくコラーゲンチャージ

小鉢に名物・麻婆豆腐など4品から選べる主菜、ご飯、スープ、デザートが付いて3000円でお釣りが来るというバリューな内容。鶏ガラスープでじっくり煮込んだフカヒレは、塩味ベースで醤油は控えめ。旨みがぎゅっと詰まった琥珀色のスープの最後の一滴までもがご馳走だ。花街の情緒を残すかくれんぼ横丁の一角に立ち、ロケーションも設えも贅沢ランチに相応しい。

フカヒレ御膳
2650円

フカヒレの姿煮。食べ応え十分、みずみずしい青梗菜が隠れる。主菜は、豆板醤と山椒の風味が鮮烈な「芝蘭マーボードウフ」。プラス200円で、赤山椒の深い辛みが利いた「本格陳麻婆豆腐」にできる。主菜は、ほかに黒酢すぶたなどから選択可。小鉢は押し豆腐と砂肝の燻製。ごはん、漬物、デザートはおかわり自由

デザート(コースより)
 

デザートの杏仁豆腐

お店からの一言

料理長 江崎祐弥さん

「時間をかけてじっくり煮込んで旨みを引き出します」

神楽坂 芝蘭の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-1クレール神楽坂Ⅱ 2階 [TEL]03-5225-3225 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターなし 全55席/喫煙可(土・日・祝とランチタイムは禁煙)/予約可(昼はコースのみ)/カード可(5000円~) [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B4b出口から徒歩3分


電話番号 03-5225-3225

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
松濤にお目見えした中華料理店が打ち出すのは、化学調味料不使用で油控えめ、毎日でも食べたくなるやさしい味だ。すべての料理に上品な旨みをもたらすのが、親鶏と香味野菜をじっくり炊いた琥珀色のスープ。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
109views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt