MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCO(郷土料理/表参道)

表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCO(郷土料理/表参道)

新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCO(最寄駅:表参道駅)

安くて旨いは正義!新潟の郷土料理と日本酒を気軽に堪能

まずお知らせしたいのが、安さ。新潟の定番から新鋭まで8種類のお酒から3種を選べる“飲み比べ”が500円ポッキリ! フードはもっとすごい。ご当地のおつまみ4種が入ったセットは690円。さらに、和牛の中でも高級な越後牛のローストビーフが680円というから驚きだ。このどちらかと日本酒お猪口3杯で1000円ちょいというから恐るべし。
 そして、8種の日本酒や、セットにあるおつまみは、館内の物販スペースで購入可能。食べて飲んで、気に入ったらその場で買って帰られる。表参道のど真ん中に現れた“ネオ角打ち”。街のオアシスになりそうだ。

ご当地おつまみセット、厳選日本酒1杯(90ml)
690円、400円~

新潟の名産、鮭とば、いごねり(いご草を練り上げたもの)、野沢菜漬、栃尾の油揚げのセット。裏メニューの「日本酒1杯」は、現地で仕入れた銘柄を約5種類用意。内容はスタッフに確認を

日本酒お猪口3杯
500円

90蔵ある新潟の酒蔵から8種類を厳選。左から「越後伝衛門 純米酒」、「初花 特別純米」、「イットキー 純米吟醸」。ボトルが入った機械から好きなお酒のボタンを押して注ぐセルフスタイル

越後牛のローストビーフ、こしひかり越後生ビール
680円、650円

厚く切られたモモ肉は、噛むごとに旨みがジュッとあふれだす。味付けは、ほんの少しの塩コショウというから肉質への自信が伺える。相性抜群のビールは米の風味が鼻に抜け、後味スッキリ

クリームチーズといぶし大根のポテトサラダ
380円

クリーミーなポテサラに、魚沼の「いぶし大根」のコリッとした食感が絶妙。上にのった香ばしいフライドオニオンがいいアクセントだ。こちらとローストビーフは物販で買えないここだけの一品

表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCOの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス内1階 [TEL]03-5775-4332 [営業時間]11時~19時半(19時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休(要問い合わせ) [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか表参道駅A2出口から徒歩1分


電話番号 03-5775-4332

撮影/西﨑進也 取材/戎 誠輝(編集部)

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
お店のランチタイムに場所を借りたり、曜日限定で別の味を提供する“二毛作”ラーメン店が増加中。その実力を調査しました。
コーヒー専門店として開店するも料理が評判を呼び、数年で現在のレストランスタイルに。独創的な味と圧倒的な量で近隣の大学の運動部員など数多くの人のお腹と心を満たしている。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
当サイトではここ数日、トレンドや人気No1だと書いてきましたが、密かに売れている隠れたヒット商品も数知れず存在しています。ここでは本誌コラム記事でおなじみ“裏モノライター”カーツさとうが見つけた“裏ヒットイート”を表立って公開します!
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル