MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
すし ふくづか(寿司/神楽坂)|新宿にある「温度」と「香り」にこだわったお寿司屋さん。来店の際は予約がオススメ!

すし ふくづか(寿司/神楽坂)|新宿にある「温度」と「香り」にこだわったお寿司屋さん。来店の際は予約がオススメ!

 メニューにズラリと並ぶのは、その日使用するネタと産地の一覧。一見しただけで店主の素材への熱い思いが垣間見え、期待に胸が高鳴るはずだ。

perm_media 《画像ギャラリー》すし ふくづか(寿司/神楽坂)|新宿にある「温度」と「香り」にこだわったお寿司屋さん。来店の際は予約がオススメ!の画像をチェック! navigate_next

すし ふくづか(最寄駅:飯田橋駅)

46度にこだわったほんのり温かな酢飯に唸る

例えば、マグロは大間やボストン産の天然物。部位ごとに使い分け、熟成させて最良のタイミングで提供するという。ネタもさることながら、シャリにも見逃せないこだわりがある。「シャリは温かめの46度が一番美味しい」と店主が胸を張る通り、ほんのり温かな酢飯を使っているのだ。赤酢と米酢をばらちらし用にブレンドしており、ふくよかな旨みと程よい酸味が一層楽しめる。そのシャリと存在感あるネタすべてが渾然一体となり、感動の美味しさを生み出している。席数が限られているので、予約して訪れたい。

特ばらちらし(焼き胡麻豆腐、和野菜の和え物、お椀、お口直し付
3600円(※平日のみ)

ウニ、大トロ、車エビがたっぷりとのる。少々値は張るが、その価値は十分!

上ばらちらし(焼き胡麻豆腐、和野菜の和え物、お椀、お口直し付き)
1800円(※平日のみ)

「上ばらちらし」でも十分に満足度が高い。器は古伊万里で提供

「特ばらちらし」「上ばらちらし」にそれぞれ付く。もっちりとした食感とゴマの風味が魅力の自家製焼き胡麻豆腐や和野菜の和え物など、どれも唸る美味しさ。この日の口直しは手作りのラズベリーシャーベット

すし ふくづかの店舗情報

[住所]東京都新宿区津久戸町3-5 2階 [TEL]03-5579-2860 [営業時間]12時~14時(13時半LO)、17時半~23時半(21時半最終入店)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターのみ全7席/全席禁煙/予約可/カード可/夜はサ10%、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3番出口から徒歩5分


電話番号 03-5579-2860

撮影/貝塚隆 取材/市村幸妙

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル