MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!

ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!

約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!の画像をチェック! navigate_next

ほてい(最寄駅:入谷駅)

アンキモを贅沢使い!濃厚な旨みとコクをあっさり醤油ダシで

仕入れるあんこうは、極寒の海で育った北海道から青森にかけての身の太いメスに限定。腹を割けば脂ののった特大のキモが出現する。鍋にはこれがどっさり。カツオと昆布のダシに、濃口醤油で風味をもたせたツユでほどよく煮れば、ふんわりやさしい口当たりの後から、濃厚ながらも気品あふれるコクが押し寄せる! 弾けるような身と交互に箸を伸ばせば、この冬いちばんの口福が訪れる。

あんこう鍋 (写真は2人前)
3300円

まずは身を入れ、旨みを増したツユに野菜を投入。最後にアンキモを程よく煮込んで食す。あっさりとした醤油ダシが具の風味を引き立てる

するめいか丸1杯
1000円

身は刺身、ゲソは塩焼き、ワタはルイベでと1杯丸ごと味わえる

雑炊セット(ご飯、玉子、ネギ)
220円、1個110円、110円

あんこうのコクが凝縮したダシはもちろん絶品だが、実はさらに旨くする秘策がある。アンキモを追加し(+1100円)ダシに溶かして雑炊に。超濃厚な超絶美味で悶絶モノ!

お店からの一言

料理長 大越泰孝さん

「あんこう鍋は、できるだけご予約を」

ほていの店舗情報

[住所]東京都台東区下谷1-8-20 [TEL]03-3841-8514 [営業時間]11時半~14時LO、17時~22時LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅2番出口から徒歩3分


電話番号 03-3841-8514

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
万雷の拍手で迎えたくなる王道の定食だ。絶妙な塩梅の粕漬けの紅鮭、さりげない野菜小鉢、滋味深い味噌汁。
テーマは“47都道府県レストラン”。日本各地で真面目に作られる特産品や地域で親しまれる郷土料理を東京で発信するアンテナショップ的存在だ。
栄養豊富で健康的な美味しい和食を提案する店。全て国産素材で、魚や野菜など生しか使わない。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
安くて量のある定食に定評あり。自粛期間中も人気が高かったという180g 300円の酢豚は、ごろごろ野菜と肉厚の豚肉がしっかりと入って驚きの価格。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル