MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!

ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!

約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!の画像をチェック! navigate_next

ほてい(最寄駅:入谷駅)

アンキモを贅沢使い!濃厚な旨みとコクをあっさり醤油ダシで

仕入れるあんこうは、極寒の海で育った北海道から青森にかけての身の太いメスに限定。腹を割けば脂ののった特大のキモが出現する。鍋にはこれがどっさり。カツオと昆布のダシに、濃口醤油で風味をもたせたツユでほどよく煮れば、ふんわりやさしい口当たりの後から、濃厚ながらも気品あふれるコクが押し寄せる! 弾けるような身と交互に箸を伸ばせば、この冬いちばんの口福が訪れる。

あんこう鍋 (写真は2人前)
3300円

まずは身を入れ、旨みを増したツユに野菜を投入。最後にアンキモを程よく煮込んで食す。あっさりとした醤油ダシが具の風味を引き立てる

するめいか丸1杯
1000円

身は刺身、ゲソは塩焼き、ワタはルイベでと1杯丸ごと味わえる

雑炊セット(ご飯、玉子、ネギ)
220円、1個110円、110円

あんこうのコクが凝縮したダシはもちろん絶品だが、実はさらに旨くする秘策がある。アンキモを追加し(+1100円)ダシに溶かして雑炊に。超濃厚な超絶美味で悶絶モノ!

お店からの一言

料理長 大越泰孝さん

「あんこう鍋は、できるだけご予約を」

ほていの店舗情報

[住所]東京都台東区下谷1-8-20 [TEL]03-3841-8514 [営業時間]11時半~14時LO、17時~22時LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅2番出口から徒歩3分


電話番号 03-3841-8514

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
仕上げに味噌ではなく、途中で加えて具材に味を染み込ませるために軽く煮込む「とん汁」。都内の定食屋を駆け巡って見つけた、これぞ! の一杯を紹介します。
牡蠣がますます美味しい季節。昼に白飯と合わせるならダンゼン牡蠣フライじゃありませんか? 
生キクラゲやしめじ、トラマキダケなど6種類のキノコと豚バラ肉を具材にした特製の火鍋。スープには鶏ガラに花椒や丁字、八角、四川唐辛子など15種類ものスパイスがオリジナルブレンドで加えられ、体の奥をじんわりと温める旨辛さ。
フレンチのシェフを経て、海外の大使館でさまざまな料理を作っていた古川孝明さんが2018年4月にオープン。その腕を生かした高コスパのランチが日替わりで4~5種揃う。
むっちりした豚肉とご飯をわしわし交互に食べる。かじった途端スイッチが入る一心不乱の極上めし!
“飲むチーズケーキ”とは、その名の通り、チーズケーキをドリンクにしたもの。2018年頃にSNSに登場し、2019年に入って飲める店が一気に増えた。
「煮玉子しんじょう」で知られる新潟の老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」には、ほかにも食欲をそそられる逸品がそろっています。中でも気になったのが、日本海の香りを濃厚に漂わせる「もずく天」です。
華やかな場や乾杯時に人気のスパークリングワイン。近年はお手頃価格で美味しいものがたくさん揃っている。そこでワイン大好きな「おとなの週末」スタッフが、デイリーなスパークリングを飲み比べ。ランキングを決定しました!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル