MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!

ほてい(和食/入谷)|徒歩3分。あんこう鍋の名店。アンキモを贅沢に使った鍋は美味!

約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。

ほてい(最寄駅:入谷駅)

アンキモを贅沢使い!濃厚な旨みとコクをあっさり醤油ダシで

仕入れるあんこうは、極寒の海で育った北海道から青森にかけての身の太いメスに限定。腹を割けば脂ののった特大のキモが出現する。鍋にはこれがどっさり。カツオと昆布のダシに、濃口醤油で風味をもたせたツユでほどよく煮れば、ふんわりやさしい口当たりの後から、濃厚ながらも気品あふれるコクが押し寄せる! 弾けるような身と交互に箸を伸ばせば、この冬いちばんの口福が訪れる。

あんこう鍋 (写真は2人前)
3300円

まずは身を入れ、旨みを増したツユに野菜を投入。最後にアンキモを程よく煮込んで食す。あっさりとした醤油ダシが具の風味を引き立てる

するめいか丸1杯
1000円

身は刺身、ゲソは塩焼き、ワタはルイベでと1杯丸ごと味わえる

雑炊セット(ご飯、玉子、ネギ)
220円、1個110円、110円

あんこうのコクが凝縮したダシはもちろん絶品だが、実はさらに旨くする秘策がある。アンキモを追加し(+1100円)ダシに溶かして雑炊に。超濃厚な超絶美味で悶絶モノ!

お店からの一言

料理長 大越泰孝さん

「あんこう鍋は、できるだけご予約を」

ほていの店舗情報

[住所]東京都台東区下谷1-8-20 [TEL]03-3841-8514 [営業時間]11時半~14時LO、17時~22時LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅2番出口から徒歩3分


電話番号 03-3841-8514

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt