MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
AROMA珈琲(喫茶店/東京)|八重洲地下で約50年続くサイフォン珈琲専門店。昭和の面影を残す店内で旨い珈琲を♪

AROMA珈琲(喫茶店/東京)|八重洲地下で約50年続くサイフォン珈琲専門店。昭和の面影を残す店内で旨い珈琲を♪

約50年続く八重洲地下街最古参の喫茶店。レトロな趣が妙に落ち着く。

perm_media 《画像ギャラリー》AROMA珈琲(喫茶店/東京)|八重洲地下で約50年続くサイフォン珈琲専門店。昭和の面影を残す店内で旨い珈琲を♪の画像をチェック! navigate_next

AROMA珈琲(最寄駅:東京)

コーヒーおかわり可。地下街のオアシス

豆の卸が経営しており、オリジナルブレンドは直火式で焙煎したコーヒーをサイフォンで淹れている。12時まで注文可能なモーニングは、ドリンク代に+100円で厚切りトーストとゆで卵、さらに粒あんやジャムなどが付いてきて良心の塊のよう。モーニングの注文でコーヒーのおかわりができる寛容さも魅力だ。

モーニングセット
500円~

AROMA珈琲の店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下1番通り [TEL]03-3275-3531 [営業時間]7時~21時半(21時15分LO)、土7時~21時(20時45分LO)、日・祝7時半~21時(20時45分LO)※ランチタイム有 [休日]1月1日 [交通アクセス]八重洲地下中央口改札から徒歩5分


電話番号 03-3275-3531

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2019年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
今、エモいと言われている純喫茶。そんな昭和を感じられる場所で食べられるこれまたエモいスイーツをご紹介します。(※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル