MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
花家(中華料理/日暮里)|老舗甘味処で味わえるのはなんとラーメン!名物、手作りジャンボ餃子も人気♪

花家(中華料理/日暮里)|老舗甘味処で味わえるのはなんとラーメン!名物、手作りジャンボ餃子も人気♪

戦前に生花店から始まり、戦後は甘味処、そして今では街の人々に愛される食事処となった。定食や丼物に洋食と幅広いメニューのなかでも、いちばん人気がこのタンメン。

花家(最寄駅:日暮里駅)

あっさりスープ×細麺 懐かしくも奥深いタンメンに拍手喝采!

豚骨や鶏ガラベースの動物系ながらも、あっさり清湯に仕上げたスープに、スマートな特注の細麺がマッチする。素朴で実直なその味わいは、毎日でも食べたくなる旨さなのだ。

タンメン
780円

瑞々しく仕上げたモヤシ・キャベツ・ニラなどの野菜の食感も抜群。すっきりとしたスープにあわせて特注する麺は細打ちながらもしっかりとしたコシがある

焼き餃子
550円

粗く刻んだキャベツの食感や、生姜の爽やかな香り、豚挽き肉のコクがひと口サイズにギュッと詰め込まれている。しっかりした味付けで、ご飯やビールとも相性ピッタリ

お店からの一言

3代目 金森伯文さん

「持ち帰り用の生餃子も人気です」

花家の店舗情報

[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2 [TEL]03-3821-3293 [営業時間]11時~20時(19時半LO)※ランチタイム有 [休日]火 [席]全22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか日暮里駅西口から徒歩1分


電話番号 03-3821-3293

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
昭和の頃は、水餃子といえばスープにとぷんと餃子が浮いていた。同店の水餃子はまさに懐かしいそのスタイル。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt