MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【PR】マッキー牧元のポテサラ酒場 第2回 親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ 北千住『是屋』

【PR】マッキー牧元のポテサラ酒場 第2回 親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ 北千住『是屋』

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧元氏。「ポテサラ学会」の会長でもある氏が、ポテサラが旨いと評判の店に足を運び、その美味しさを伝えるコーナーの第2回です。

perm_media 《画像ギャラリー》【PR】マッキー牧元のポテサラ酒場 第2回 親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ 北千住『是屋』の画像をチェック! navigate_next

北千住『是屋』

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧元氏。「ポテサラ学会」の会長でもある氏が、ポテサラが旨いと評判の店に足を運び、その美味しさを伝えるコーナーです。

おしゃれな伯父さんより頑固な親父

ポテト、キュウリ、ゴロゴロベーコンとシンプルな構成(左)仕上げにすりおろした玉ねぎをベースにした甘辛いタレがかかる(右)

「頑固な親父ではなく、ちょっとおしゃれで面白くて、会えば『酒飲むか?』なんて伯父さんに憧れていたりする少しヤンチャな男の子っているでしょ。このタレはその伯父さんで、ベーコンはヤンチャな男のコだね」とは、タベアルキストであり「ポテサラ学会」会長でもあるマッキー牧元氏だ。

 ポテトの中にキュウリと大きなベーコンが入り、さらに甘辛いタレのかかった、北千住の居酒屋『是屋』の名物である「ポテサラ」をまずはパクリとひと口食べた後、マッキー氏は笑顔になって、そして味わいのバランスを家族になぞらえそう例えた。確かに大きくカットされたベーコンは、マヨネーズと生クリーム、塩、ブラックペッパーで味付けされた柔らかい味わいのポテサラの中で少々ヤンチャで主張もはっきりしているし、たらりとかけられたタレもちょっとおしゃれで伯父さんがぴったり。

タレは頑固な父のクセから着想

「特製タレかけ 炙りベーコンのポテトサラダ」(648円)

 しかし、このポテサラは伯父ではなく、是屋の店主・井上氏の頑固な親父をヒントに考案されたものなのだ。

「もしかして、ポテサラにかかっているこのタレにその理由があるの?」とマッキーさんが尋ねると、「はい。4年前、店を出す際にポテサラもオリジナルなものにしたいと考えていた時に思い出したのが親父のこと。親父はポテサラにソースをかけて、『旨い、旨い!』って食べていたんですね。だったらソースに変わるものをかければ、親父好み、ひいては男性好みの美味しさになるんじゃないかなって」と、井上氏はポテサラにタレがかかる秘密を教えてくれた。
「とはいえ市販のソースをかけるわけにはいかないので、すりおろした玉ねぎと醤油、酒、みりんを煮詰めて使ったソースに似たタレを作ったんです」

 そう説明を聞くと、マッキー氏はポテサラをタレのかかる部分とかからない部分に分けて、それぞれを今度はじっくりと味わってみる。そして……
「タレなしだとマヨネーズ加減が控えめで優しい味わい。タレと混ぜると甘辛さが加わり味がちょうど良い濃さになるんですね……ひと皿で二つの美味しさが楽しめる。これは面白いね!」と上機嫌。

注ぎ方でビールの味を変えて楽しむ

 さて、ポテサラを楽しんだ後はこちら、「赤星ビール」。
「これは実の親父ではなく、常連さんたちの笑顔のために用意したんです。『赤星じゃないか! 置いてくれてありがとう!』なんて喜んでくれる方が多いんですよ」と井上さん。
よく冷えたその赤星を手に取るとグラスに勢いよく注ぐマッキー氏。グラスから泡がこぼれそうになるほど注ぐと、待つことしばし。泡が半分くらいに減ってきたところで、再び注ぐ。また泡が減ってきたら細くゆっくりとビールを注ぐ。見事にこんもりと泡の盛り上がった3度注ぎのグラスを手に取ると、ゴクゴクゴクと心地よく飲み干すのであった。

「タレのコクとビールの程よい苦味が実に合う」とご満悦。「3度注ぐことで炭酸が適度に飛び、やさしくまろやかな味わいになるんだよ。1度注ぎだと喉越しのいい爽快な味わいが楽しめる。ビールも注ぐ回数を変えて、気分や料理にあった味わいにして楽しむといいよね」。タレありタレなし。1度注ぎと3度注ぎ。つまり4つの組み合わせが、ここ是屋では楽しめるというわけだ。もちろんマッキー氏は、4つの組み合わせをじっくりと堪能したのはいうまでもない。

●マッキー牧元
タベアルキストを自称して早30年。ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく小誌の連載「おいしい往復書簡」のほか、各誌で活躍するコラムニスト。また食雑誌『味の手帖』編集主幹でもあり、近著に『出世酒場』(集英社)がある。

これも合います!

「大エビ丸ごと入りメンチカツ」972円(左)「タコの柔らか煮のから揚げ」864円(右)

「特製タレかけ 炙りベーコンのポテトサラダ」648円をはじめ、アイデアに富みつつも、素材の美味しさを楽しませてくれる居酒屋。

 赤星に合わせるなら「大エビ丸ごと入りメンチカツ」(通称・エビメンチ)972円がおすすめ。合挽き肉の中にエビが丸ごと1本入っており、メンチのさっくりした食感の後にプリッとした甘いエビが待つという、贅沢なひと品。炒ったエビの殻を加えることで香り豊かに仕上げた塩で堪能してほしい。

 また「タコの柔らか煮のから揚げ」864円も、味のしみたタコを香ばしく揚げることでビールとの相性は抜群になる。どちらも赤星目当ての客からの注文が多い定番&人気メニューだ。

 お酒は赤星に加え、日本酒や焼酎も豊富に揃える。中でも日本酒は「いろんな味があることを知ってもらいたい」と銘柄にこだわらず、飲みきりでいろんなお酒が置かれている。「ひとりでも気軽に立ち寄れるお店です。ぜひ一度、料理と酒を楽しみに来てください」(井上氏)

落ち着いた雰囲気の店内(左)店主・井上紀之さん(右)

■是屋(これや)
住所:東京都足立区千住東2-6-8/電話番号:03-6806-2935/営業時間:17時〜24時/休み:日/席数:カウンタ−8席、6名×1卓、4名×1卓 計18席/カード可/全席禁煙/JRほか北千住駅東口から徒歩6分


撮影/西﨑進也

2016年11月29日公開

マッキーさんのポテサラ酒場の過去記事も読める!
【サッポロラガービールのおいしい情報が満載!「赤星★探偵団」はコチラ】
https://www.akaboshi-tanteidan.com/

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル