MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
~お肉とお野菜~ She(レストラン(その他)/日比谷)|無農薬野菜と厳選肉が絶品!大切な方とのお食事にも◎

~お肉とお野菜~ She(レストラン(その他)/日比谷)|無農薬野菜と厳選肉が絶品!大切な方とのお食事にも◎

全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。

perm_media 《画像ギャラリー》~お肉とお野菜~ She(レストラン(その他)/日比谷)|無農薬野菜と厳選肉が絶品!大切な方とのお食事にも◎の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

~お肉とお野菜~ She(最寄駅:日比谷駅)

落ち着いた店内で旬の国産野菜を存分に味わう

写真の炊き込みご飯では鳥取県産の日光生姜を使用。江戸時代初期から栽培されているブランド生姜で、東京ではなかなかお目にかかれない全国の名品がいただけるのもうれしい。レモンサワーに使うレモンも国産。減農薬・NOワックスにこだわる。
 店内は落ち着いた雰囲気で、お客さんの年齢層が広く、さまざまなシーンで使える。ただし、料理のポーションが大きめなので、ガッツリ食べたいときに行くのがベスト。

丸鷄1/2羽! 日光生姜と山菜の炊き込み御飯
2700円

スペシャリテの炊き込みご飯は2~3人前。この具材での提供は4月末まで。鶏ダシの旨みとピリッとした生姜の風味、山菜の食感が三位一体となる

生姜ヌクチャムで食べるベトナム揚げ春巻き、函館産桜マスと川田さん家の根菜、清流地鶏白レバーのブルスケッタ
1058円、950円、626円

揚げ春巻きはスタッフイチオシの一品

ザ・グリーン 無農薬野菜のサラダ パルミジャーノチーズ
1058円

シンプルかつ豪快なサラダ。この日はからし菜、花芽など約10種の野菜が入る。オリジナルドレッシングはシソと玉ネギがベースでクリーミーな旨さ。店頭販売も(300ml1296円)

お店からの一言

店長 辻 麻衣子さん、シェフ 桑原光弘さん

「料理のジャンルは問わず、野菜とお肉を美味しく召し上がれるレシピを追求しています」

~お肉とお野菜~ Sheの店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ地下2階 [TEL]03-6457-9878 [営業時間]11時~23時(ランチ14時LO、ブランチ17時半LO、フード22時LO)、日・月11時~22時(ランチ14時LO、ブランチLO17時半LO、フード21時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]全68席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A5出口から徒歩1分


電話番号 03-6457-9878

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2019年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル