MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
八戸前沖さば県外PRショップ 炭火焼 ごっつり(郷土料理/北千住)|日本一脂が乗っている八戸前沖さばは絶品☆

八戸前沖さば県外PRショップ 炭火焼 ごっつり(郷土料理/北千住)|日本一脂が乗っている八戸前沖さばは絶品☆

炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。

八戸前沖さば県外PRショップ 炭火焼 ごっつり(最寄駅:北千住駅)

海水温の低さから"日本一の脂ノリ"を誇るマサバ

提供するのは八戸前沖さばの中でも550g超えの大型で、より脂がのった銀サバのみ。普通のマサバの粗脂肪分が12%程度なのに比べ、銀サバは30%を超えることもあるという。いかに脂ノリが良いかがわかるだろう。漁獲してすぐに凍結したサバを使っているので、1年中変わらぬ美味しさと鮮度を実現。冷凍することでアニサキス対策にもひと役買っており、安心していただける。

銀鯖串焼き
1本464円

1匹の銀サバから4本しか取れず、厚みがあり食べ応え十分。東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京」では、5000本売れる看板商品だ。焼き方の笹山さんは八戸出身の元力士。店主をはじめスタッフは八戸や青森出身者が多く、故郷の味を堪能する県民も多数訪れる

銀鯖3種盛り合わせ
1382円

手前から、田舎味噌などの甘辛さと酸味でサバの脂の甘さを引き立てる「味噌じめさば」、甘辛い醤油ダレが魅惑的な「漬けさば」、旨みが凝縮された「〆さば」

銀鯖とろろ飯
518円

香ばしく焼いた銀サバとダシを加えたとろろの組み合わせは至高

お店からの一言

店主 西村直剛さん

「うちで食べて銀サバが気に入ったら青森・八戸へぜひ行ってみて!」

八戸前沖さば県外PRショップ 炭火焼 ごっつりの店舗情報

[住所]東京都足立区千住2-31 白石ビル2階 [TEL]03-5244-1696 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]無休 [席]カウンターあり、全46席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し代324円別 [交通アクセス]JR常磐線ほか北千住駅西口から徒歩3分


電話番号 03-5244-1696

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt