MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
寿し屋の華八(寿司/大山)|知る人ぞ知る寿司の名店!自慢のネタは全て天然!接客、コスパも良し♪

寿し屋の華八(寿司/大山)|知る人ぞ知る寿司の名店!自慢のネタは全て天然!接客、コスパも良し♪

商店街が有名な大山の駅から少し離れた住宅街。でも、わざわざ足を運ぶ人の気持ちはよくわかる。

perm_media 《画像ギャラリー》寿し屋の華八(寿司/大山)|知る人ぞ知る寿司の名店!自慢のネタは全て天然!接客、コスパも良し♪の画像をチェック! navigate_next

寿し屋の華八(最寄駅:大山駅)

すべて天然物! 自慢のネタと丁寧な仕事に感激!

15歳でこの世界に入って銀座で腕を磨き、こちらではや33年目。惚れ惚れするような手つきから江戸前の仕事が繰り出される。カウンターのガラスケースには、常時40種類ほどのネタが並び、すべてがこだわりの天然モノ。そして「もともと細かいことが好きなんですよ」と笑うが、丁寧な仕込みが施されているのがわかる。甘く美しい車エビ、絶妙にとろける穴子、ピッとツノが立った青柳……。「どのネタも自慢なので一貫ずつ握る」というのも納得だ。

おまかせにぎり
5000円にて

基本はお好みで。これは特別に予算を伝えて。きれいな握りに自然と手が伸びる

穴子の白焼き、煮はまぐり、印ろう詰、白子とあん肝
800円、600円、700円、1500円

きれいに包丁が入って力強く余韻もある対馬の穴子や、ふっくら柔らかな煮はまなど、思わず酒が進んでしまう

さんま
350円

肝を裏ごしして合わせた“肝味噌”とネギがのり、口に入れると「ああ、コレは!」とサンマならではの旨さが。ネタを活かす仕事が随所にある

お店からの一言

ご主人 本田美芳さん

「手間はかかっても一つひとつを丁寧に楽しんでやっています」

寿し屋の華八の店舗情報

[住所]東京都板橋区大山金井町28-11 [TEL]03-3958-8783 [営業時間]18時半~23時 [休日]月 [席]カウンターあり、全25席/全席喫煙可(マナー優先で)/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東武東上線大山駅東口から徒歩7分


電話番号 03-3958-8783

撮影/大西尚明 取材/池田一郎

2019年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
老舗のマグロ仲買の直営店で、上質なネタを手頃な価格で楽しめる。赤身、中トロ、大トロ、メカジキの握りを盛り合わせた「まぐろにぎり」は必食だ。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
“飲むチーズケーキ”とは、その名の通り、チーズケーキをドリンクにしたもの。2018年頃にSNSに登場し、2019年に入って飲める店が一気に増えた。
「煮玉子しんじょう」で知られる新潟の老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」には、ほかにも食欲をそそられる逸品がそろっています。中でも気になったのが、日本海の香りを濃厚に漂わせる「もずく天」です。
華やかな場や乾杯時に人気のスパークリングワイン。近年はお手頃価格で美味しいものがたくさん揃っている。そこでワイン大好きな「おとなの週末」スタッフが、デイリーなスパークリングを飲み比べ。ランキングを決定しました!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル