MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
寿し屋の華八(寿司/大山)|知る人ぞ知る寿司の名店!自慢のネタは全て天然!接客、コスパも良し♪

寿し屋の華八(寿司/大山)|知る人ぞ知る寿司の名店!自慢のネタは全て天然!接客、コスパも良し♪

商店街が有名な大山の駅から少し離れた住宅街。でも、わざわざ足を運ぶ人の気持ちはよくわかる。

perm_media 《画像ギャラリー》寿し屋の華八(寿司/大山)|知る人ぞ知る寿司の名店!自慢のネタは全て天然!接客、コスパも良し♪の画像をチェック! navigate_next

寿し屋の華八(最寄駅:大山駅)

すべて天然物! 自慢のネタと丁寧な仕事に感激!

15歳でこの世界に入って銀座で腕を磨き、こちらではや33年目。惚れ惚れするような手つきから江戸前の仕事が繰り出される。カウンターのガラスケースには、常時40種類ほどのネタが並び、すべてがこだわりの天然モノ。そして「もともと細かいことが好きなんですよ」と笑うが、丁寧な仕込みが施されているのがわかる。甘く美しい車エビ、絶妙にとろける穴子、ピッとツノが立った青柳……。「どのネタも自慢なので一貫ずつ握る」というのも納得だ。

おまかせにぎり
5000円にて

基本はお好みで。これは特別に予算を伝えて。きれいな握りに自然と手が伸びる

穴子の白焼き、煮はまぐり、印ろう詰、白子とあん肝
800円、600円、700円、1500円

きれいに包丁が入って力強く余韻もある対馬の穴子や、ふっくら柔らかな煮はまなど、思わず酒が進んでしまう

さんま
350円

肝を裏ごしして合わせた“肝味噌”とネギがのり、口に入れると「ああ、コレは!」とサンマならではの旨さが。ネタを活かす仕事が随所にある

お店からの一言

ご主人 本田美芳さん

「手間はかかっても一つひとつを丁寧に楽しんでやっています」

寿し屋の華八の店舗情報

[住所]東京都板橋区大山金井町28-11 [TEL]03-3958-8783 [営業時間]18時半~23時 [休日]月 [席]カウンターあり、全25席/全席喫煙可(マナー優先で)/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東武東上線大山駅東口から徒歩7分


電話番号 03-3958-8783

撮影/大西尚明 取材/池田一郎

2019年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル