MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
南蛮漬け、照り焼きをトッピング! サバのすべてを味わいつくす、鳥取「純サバカレー缶」/至福の鯖百選[39]

南蛮漬け、照り焼きをトッピング! サバのすべてを味わいつくす、鳥取「純サバカレー缶」/至福の鯖百選[39]

鳥取県東部・因幡地方の伝統食「因幡の塩鯖」とサバ節でとったダシを使った和風のルー、塩鯖の竜田揚げをトッピングした「サバ一尾をまるごと味わい尽くす」カレーは、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル2019」において3位を受賞。数々のメディアに取り上げられ大ブレイク中だ。

南蛮漬け、照り焼きをトッピング! サバのすべてを味わいつくす、鳥取「純サバカレー缶」


鳥取県東部・因幡地方の伝統食「因幡の塩鯖」と、サバ節でとったダシを使った和風のルー、塩鯖の竜田揚げをトッピングした「サバ一尾をまるごと味わい尽くす」カレーは、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル2019」において3位を受賞。

数々のメディアに取り上げられ、大ブレイク中だ。

厳選したサバ節、そして焼いた塩鯖の頭、中骨、割いた腹の部分でとっただしをダブルで使った、サバアロマが全開で香る「純サバカレー」。


その魅力は以前にもご紹介させていただいたが、なんと、その美味しさを自宅でも楽しめる「純サバカレー缶」が登場!


純サバカレー同様、因幡の塩鯖を使った「純サバカレールウ缶」、そしてトッピングとして「サバ南蛮漬け缶」「サバ照り焼き缶」が、約1年の開発期間を経てこのほど完成した。

「純サバカレールウ缶」「サバ南蛮漬け缶」「サバ照り焼き缶」


「全国の方に純サバカレーを食べていただきたかったんです!!」と熱く語るのは、純サバカレーを提供する鳥取市「スーパー居酒屋だいぜん」のオーナーである藤木巧さん。

もちろんサバLOVE、というかサバ命。

サバ好きだからこそサバ視点で考えぬき、サバの美味しさを最大限に引き出したカレーを生み出した。

藤木巧さん。
バリバリの「塩鯖ニスト」。
だいぜんでは、因幡の塩鯖を使った
「さば塩麹漬けのあぶり丼」
「さば竜田揚げ丼」など
珠玉のサバメニューがそろう。


そんな極めて「サバ至上主義」のカレーを缶詰で再現するために、渾身の勢いで臨んだ。

が、開発当初からいきなりの壁にぶち当たった。

カレールーに塩鯖を入れて缶詰にしてみると「いまいち」だったのだ。

「ルーにサバを入れて缶詰にしてみたら、サバのクセが出てしまったんです。
これはバラバラにしたほうがいいのでは、という話になりました」

よって、純サバカレールウ缶は「ルー」だけ。

サバは入っていない。

そのため新たな「トッピングサバ缶」を開発することになった。

「いやあ、ここからが大変でした」と藤木さん。

純サバカレーのトッピングである竜田揚げを缶詰にしてみた。

「カチカチになりました……」

ならばとサバのフライを缶詰にしてみた。

「ドロッドロになりました……」

「揚げ物の壁」にぶつかり、方向転換してオリーブオイルとニンニクを使ったアヒージョ風缶詰にしてみた。

「これはとても美味しかったです」

が、あえて却下。

「アヒージョって、ありきたりだなあと……」


サバ好きだからこそ画期的な味付けのサバ缶を。

そしてなんといっても開発の前提は「カレーライスのためのサバ缶」だ。

「純サバカレーにトッピングしたときに、最高の味わいになるサバ缶を極めよう」と決意した藤木さん。

まず思い付いたのは「サバの南蛮漬け」。

だいぜんの日替わりランチにも登場するメニューを缶詰仕様にレシピを調整した。

塩鯖に三杯酢を使った特製のあんをからめて仕上げたサバ缶は、ルーの風味にぴったりだった。

さらにカレーライスとの相性を考えて「ごはんにからみやすい」ように「片栗粉を多めにしてとろみをつけて仕上げました」と藤木さん。

盛り付けたときの彩りまで配慮してパプリカも加えた。

三杯酢のあんをからめた「サバの南蛮漬け缶」。


さらに「食べ比べを楽しんでほしい」と「サバの照り焼き缶」も開発。

塩鯖にしょうゆ、三温糖、みりん、酒でつくったタレを加え、玉ねぎ、鷹の爪も入れて缶詰に。

こちらも片栗粉をプラス。

ルーとの相性もバッチリ、キマった。

タレを加えてテリッと仕上げた「サバの照り焼き缶」。


「どちらもそのままおつまみにしたり、ごはんと一緒に食べても美味しいです。でも、純サバカレーとして食べたときに最高のマリアージュ! ぜひ、セットで味わっていただたきたい!」と力説する藤木さん。

これまでお店やイベントで提供していた純サバカレーとはまた違った味わい、そして楽しみ方もできるからだ。

じつは、純サバカレーの缶詰化において、藤木さんも予期せぬ「ふたつの奇跡」が起きた。

ひとつめは「カレールーがさらに美味しくなった」こと。

「缶にふたをして高温調理する缶詰は、いわば小さい圧力釜。味により深みが出るとともに、スパイスの香りがグンと引き立つ仕上がりに、驚きました」と藤木さん。

ふたつ目は「塩鯖をサバ缶にするとバツグンに美味しい」こと。

冒頭で説明したとおり、使用しているのは「因幡の塩鯖」。

鳥取市・酒津(さけのつ)漁港周辺でひとつひとつ手洗いし、水に一晩浸すことで徹底的な血抜きを行い、塩は手振りで仕上げた塩鯖だ。

「生のサバとまったく違った仕上がりになります。クセがなく身がふっくら仕上がって、またまた驚きました」

因幡の塩鯖のポテンシャル恐るべし!

というわけで、さらなる進化を遂げていた純サバカレーを実食!

まずトッピングとなるサバ缶をそのまま食べてみる。

サバの南蛮漬け缶の身をかじってみる。

うわ。

たしかにしっとりやわらか! 

そこに、とろっとした甘酸っぱいあんが絶妙に絡んでさわやかすぎる! 

女子にもウケそうな味わい。


しっとりやわらか、さわやかな風味のサバの南蛮漬け缶。
ワインのおつまみにもおすすめ。


一方、サバの照り焼き缶は、てりってりの身がほどよい甘辛さで、サバの旨みがグイッと引き立って美味しい!


ほどよい甘辛さの、サバの照り焼き缶。
ビールや日本酒のおつまみとしてもバッチリ!



いざ! カレーと合体させますよ!

ルーは缶をあけるなり、ほとばしる本格的なスパイスの香り。

そして温めると、かぐわしいサバだしの香り!

「純サバカレールウ缶」。自社農園でとれた無農薬の玉ねぎ、地元のカレースパイス「鳥取カレーの素」と、10数種類のスパイスや隠し味を加えて2時間煮込んだ逸品。ルーは常温でかけてもよし、器に入れてレンジで加熱してもよし。


ごはんにかけていただくと、口の中いっぱいにフルボディなサバの旨み! 

それを複雑なスパイスの風味が引き立てて、思いきり後引く味わい。

たしかに味わいの奥行きっぷりが、缶詰バージョンはすごいかも。


そして、2種類のサバ缶の身をオン!

ごはんにルーをかけて、サバ南蛮漬け缶とサバ照り焼き缶の身をトッピング! 
缶汁は後で使うのでくれぐれも捨てないように!


照り焼き缶とカレーを合わせて食べると……。 

おっ。

照り焼きのタレとカレーの風味がベストマッチ。

カレーにコクがでる組み合わせ! 

とろとろタマネギといっしょに食べると、またまたうっとり。

サバ照り焼き缶とカレーを
いっしょに食べると、
コクまろな味わいに!


南蛮漬けとカレーをスプーンですくって食べると、あらあらカレーが軽やかに。

さらさらといただき、再び照り焼き缶に戻ってコクを楽しむ。

なんだか楽しいぞ、カレー上における「サバ往復」!

サバ南蛮漬け缶とカレーは
軽やかな味わい。
サバで味変が楽しめる。


そして、サバの旨みが詰まった「缶汁」の存在を忘れるべからず。

照り焼き缶の汁をカレーにかけると、グンと濃厚で深みのある味わいに。

「カレーにソース」的に使いこなして。

南蛮漬け缶の汁はカレーの合間にスプーンですくってチビチビといただく。

はい、「らっきょう」的に使いこなして。

ちなみにカレー、照り焼き缶、南蛮漬け缶の「全部混ぜ」で食べるのもおすすめ。

サバ好きも、カレー好きも納得できる究極のサバカレー缶、ぜひお試しを!


■スーパー居酒屋 だいぜん
https://www.tottori-daizen.com/
純サバカレー缶通販サイト
https://www.47club.jp/34M-000067xxl
※だいぜんでも販売中。







池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。
鯖グルメは海沿いの町だけではありません! 山には山のサバグルメ! その代表といえば、「鯖寿司」。 岡山の寿司といえば「ばら寿司」のイメージがあるが、それは県南の話。 海に接していない県中北部の郷土料理は「鯖寿司」。そして岡山県北部に位置する津山市には、今回ご紹介する鯖寿司の名店「美園」がある。
何なんでしょうか、今年の夏。あづいーーーーー!!!  こんなときこそ、サバ! サバでパワーアップ! サバテない身体になって、サバンナのような猛暑から鯖イバル! ……サバが必要ですよ、ジェンヌさん。というわけで、「そうだ、『さば銀』へ行こう!」
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt