MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
今月起こることで2021年の傾向がわかる?!  お楽しみのはじまりはじまり!|2021年1月の開運メシ

今月起こることで2021年の傾向がわかる?! お楽しみのはじまりはじまり!|2021年1月の開運メシ

2021年がスタート!  トップバッターで運勢を司る星は「六白金星」。「六白金星」は1月だけでなく、2021年という1年を司る星でもある。ということで、実は1月に起こる出来事や事象を見ることで2021年の傾向がわかるというわけ。良いことにも悪いことにも、肝心なのは「どう向き合い、どう対応するか?」。 さあ、お楽しみのはじまりはじまり〜!

perm_media 《画像ギャラリー》今月起こることで2021年の傾向がわかる?! お楽しみのはじまりはじまり!|2021年1月の開運メシの画像をチェック! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年1月の全体運

2021年1月を司る六白金星は、今年1年間を司る星。

そこで、1月は2021年の傾向と対策的な1ヵ月ともいえる。

だからこそ、今月起きた出来事に対しては逃げたり誤魔化したりせず、「責任感」と「誠実さ」を持って向き合い「きっちり対応する」ことが大切だ。

これを読んで、「へえ、おもしろい!」と思った人、「え〜、イヤだな!」と思った人、なんだかワクワクした人、ちょっとネガティブなことを想像した人……などなど。

それぞれに思いはあるだろうが、1年のスタート、いったい何が起こるだろう?

お楽しみに!

2021年を知るための1ヵ月!

「包む料理」で何事にもきっちりしっかり対応を!

2021年1月を司る六白金星は、今年1年間を司る星。

九星気学を学ぶ者にとっては、実はこの1ヵ月は今年1年の傾向を見る月でもある。

そんな1月は、六白金星を表す「責任感」「誠実さ」「公明正大」といった、人格者と呼ばれる人たちが身につけている質を試されることが起こりやすい。

といっても、なにか大きなことをしろというわけではない。
「遅刻をしない」「約束を守る」「嘘をつかない」といった日常の些細な習慣から、自分の行動をもう一度見直すチャンスに!

「これくらいなら……」という油断やズルさが、大きなマイナスにつながることがあるから気をつけよう!!

今月起きた出来事に対しては、それがどんなことであっても逃げたり誤魔化したりせず、「責任感」と「誠実さ」を持って向き合い「きっちり対応する」ことが大切だ。

もうひとつ重要なポイントは、六白金星の代表的な象意「太陽」のイメージを忘れないこと。
どんなときも光り輝き、その暖かさですべてを包み込む。
生命を育む太陽のチカラ。

そんな太陽に習い、どんな場面でも「明るさ」「笑顔」を忘れずに行動することが開運のカギとなる。

そして、この運気の波にのるサポートをする食べ物が「包む料理」。ギョウザ、シュウマイ、春巻きなど皮に包まれた料理や、コロッケ、フライ、天ぷらなどの衣に包まれたものなどがオススメ。

さまざまな食材の個性を生かしながらすべてを包み込んで新たな料理に作り上げるように、良いことも悪いこともしっかりと包み込み、自分らしい味わいに変えていこう!

1月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

点心料理

点心料理は「包む料理」の宝庫! 六白金星のエネルギーを一気にゲット!!

餃子

家でも手軽に楽しめるギョウザ。家族みんなで笑顔の食卓を囲むのも◎!

天ぷら

美味しい天ぷらは衣が決め手。きっちりやらねば美味しい天ぷらは食べれません!

とんかつ

「責任感」を持って「誠実に」対応するにはパワーも必要。とんかつならスタミナも抜群!

九星別 1月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



物事が思うように進まず、すべてがチグハグな1月。
自分は望んでいないのに目立つ役割が回ってきたり、
不得意なことをやらされることになったり、
ふと今の場所に居心地の悪さを感じる人も。
もともと「やればできる」力があるのに、
ついつい逃げようとするところがある一白水星。
今月は自信がなくても大きな声で「YES!」と言い、
チャレンジすることで開運に。
目上の人のアドバイスにヒントが!

1月、運気の冷え込みがきつくなるとき。
一度「ネガティブ」になると、
どこまでも落ち込むので気をつけよう!
二黒土星はあまり人に弱みを見せないが、
今月は相談できる人を作っておくと良いかも。
また、予定を詰め込みすぎず、ゆとりを持って過ごすこと。
一人の時間を作り、自分自身を見直してみることもオススメ。
そのときに今年1年、今後10年の目標や方向性を考えると◎。
睡眠不足で体調を崩す。要注意!

月の後半にかけ徐々に運気が上昇するにつれて、
人間関係が賑やかになっていく1月。
あちこちから声がかかり、人から頼りにされることが増えそうだ。
もともと「自分のやりたいことだけをやりたい」
「自分が主役になりたい」三碧だが、
今月は「人のために行動する」ことを優先しよう!
誰かとコラボするとか、チームで動くなど、
協調性を大切にすることがポイントに。
母親など年配女性へ親切にすると開運に!

年明けとともに運気上昇。
四緑木星の快進撃が始まる。
あれもこれもと気持ちははやるが、ちょっと抑えて
「とりあえずやってみる」くらいのほうが◎。
たとえマイナスの経験だったとしても、
それがまた前進するきっかけになりそう。
また、1月は山ほど舞い込む情報のなかから
自分に必要なものをチョイスすることがポイント!
もともと直感力に優れる四緑だが、
そこに損得勘定が入ると判断を誤るのでご注意を!

2021年はスタートから絶好調!
いつもよりも「軽やか」に、どんなことにも「大胆」に
前向きにチャレンジしていこう!
せっかくのチャンス、慎重になってストップをかけるより、
やってきたものに「乗ってみる」ことが運気アップへ。
また今月は周囲にも力を貸すことができるとき。
日ごろの恩返しの気持ちを込めて、周囲のために行動を!
ただし、実行できないことを口にすれば、
「信用」「信頼」を失うので気をつけて!

1年のスタートは、先月までの勢いを少し緩め、
動きたい気持ちを抑えて、立ち止まり足元を固める1ヵ月に。
ふだんは仕事優先となりがちな六白金星。
今月は、いつも自分を支えてくれる家族や仲間との絆を深めよう!
照れくさくても感謝の気持ちを「言葉」にして伝えると、
さらにあなたをサポートしてくれる強い味方に。
また、自動車のハンドルに「遊び」があるように、
完璧主義の自分を少し緩めてみるのもオススメ!

新年早々、周囲から期待が集まる1月。
もともとツメが甘く、いざというときに
尻込みしてしまう七赤金星にとって、
周囲の期待はプレッシャー以外のなにものでもないが、
「自信のなさ」や「自分の弱さ」を断ち切るチャンスに!
この一歩が新しい世界の扉を開くきっかけに。
また、仕事やプライベートで
まとまったお金が動くことがあるかも。
自分の中に慢心があると詐欺的な話に引っかかるので要注意!

いろいろな形で「ご縁」が広がる1月。
それには自分から行動することが大切!
会いたい人には自分からアプローチする。
絆を深めたいなら相手を悦ばせることをする。
呼吸する時最初に息を吐くように、まずは自分からアクションすべし。
エネルギーを注いだものは、
必ず大きくなって戻ってくるのでぜひトライを!
また、今月はちょっとしたことでイライラしやすいが、
怒りがすべてを壊すので気をつけて!

2021年、九紫火星は人生の大転換に突入する。
その兆しが少し見え始める1月。
もともと白黒はっきりつけたい九紫火星が、
「グレーがあってもいいかも」と柔軟になれたら、
変革へのスタートの合図。
さらに今月は、人間関係や仕事、価値観、
こだわりや思考のクセ、そのほか捨てられずに持っているものなど、
不要になったものを思い切って手放すチャンス!
今後の変革の波に乗るためにも体調管理はしっかりと。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

関連記事
10月を司るのは、2021年の運勢を担っている星でもある六白金星。六白金星を吉方でとると「天が動く」という作用があり、目には見えない大きな力を借りて飛躍することができると言われている。そんな六白金星が中宮に廻座する10月は、すべての人が「実力以上の力を試される」ことになるかも! そんなあなたをサポートするのは、ジューシーで贅沢な秋の味覚たち!
9月は「人生の悦び」というキーワードを持つ七赤金星が司る。人生の楽しみ方は人によって違うが、七赤金星が絡むと必ずそこには「人とのコミュニケーション」がついてくる。「人と会って話す」「いっしょに美味しいものを食べる」など、コロナ禍の現在では難しいが、9月はさまざまな方法でコミュニケーションを楽しみたい。そんなあなたを七赤金星の食材「卵」がバックアップする!
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
マスク生活にもだいぶ慣れてきたけれど、思わず「暑い〜」という言葉が口をつくこの季節。さらに7月は「太陽」「光」の象意をもつ九紫火星が司るので、天候だけでなく運勢にも強烈な光が降り注ぎ、私たちの頭上を照らすことに。でもこの光は「閃き」や「直感」「気づき」をもたらしてくれる。そんな九紫火星の気をゲットするには、夏にぴったりのあの苦い食材がオススメ!
梅雨の季節と重なり体も気分も凹みがちな6月。今年はさらに「穴」という象意を持つ一白水星の気がコラボするため、運気にも穴があく。しかしこの穴、運気の流れの中では大切なポイントで、そのメッセージは「自分メンテナンス」。サーキットで過酷なレースを走る車が何度もピットインして整備をするように、人間もときどき整備が必要。6月がまさにそれ。「穴」の空いたものが目についたらしっかり自分メンテナンスを!
最新記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル