MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
これもコロナの影響!? 二毛作ラーメン、都内で急増中!

これもコロナの影響!? 二毛作ラーメン、都内で急増中!

お店のランチタイムに場所を借りたり、曜日限定で別の味を提供する“二毛作”ラーメン店が増加中。その実力を調査しました。

perm_media 《画像ギャラリー》これもコロナの影響!? 二毛作ラーメン、都内で急増中!の画像をチェック! navigate_next

間借りゆえ思いきれる“進化系”の数々に舌鼓

一時期、カレーの二毛作が流行ったように、ラーメンでも二毛作が増えつつある。それを“間借りラーメン”とか“ヤドカリラーメン”とか言ったりする。実際、そこから実店舗を構えた人によると、間借り期間中にSNSで広まることで、独立後も集客しやすいというメリットがあるそうだ。へぇ〜、ならば行ってみよう!

火曜限定!二毛作ラーメン

進化論
大塚

まず訪れたのが大塚にある『進化論』。通常営業は『Nii』という生姜をたっぷり利かせたラーメンの店で、私のお気に入り。昨年11月から定休日だった火曜日のみ、ラムとのどぐろラーメン専門店の『進化論』として営業している。

このラーメンは初。スープを飲むと、ラムの香りとパンチのある旨みがぶわっと広がる。のどぐろは、う〜ん、よくわからないけど、きっとこの厚みや複雑さのベースになっているのだろう。とにかく、ラーメンというより本格フレンチの一品かと思うようなスープなのだ。そこにラムチャーシューやつくねものっかって、1000円というお値段も納得できるクオリティ。まさにラーメンの“進化”を感じた。

ラムとのどぐろのラーメン 煮卵入り 1100円

[住所]東京都豊島区南大塚3-46
[電話]03-5924-6554
[営業時間]火のみ11時〜15時、17時〜売り切れ次第終了
[休日]水〜月
[交通]JR山手線大塚駅南口から徒歩3分

夜は人気チェーン居酒屋

瀬戸内いりこラーメン 古田島
神保町

さて、お次は神保町にある『瀬戸内いりこラーメン 古田島』へ。『ふくの鳥』というチェーン系焼鳥店の昼の顔。店内は広く、席数も多いため、ランチタイムの真っ只中でもNO行列。それに席幅もゆったりで、他人との距離もバッチリだ。

実は今まで、“煮干し系ってそんなに……”だったが、こちらのエグミのない透き通るような旨みに考えは一気にガラリ。卓上にある「いりこ酢」や「いりこ 一味山椒」で味変しながら、スープも完飲したほど。本誌ラーメン特集で紹介している煮干し系の店と、確実に肩を並べていた。

瀬戸内いりこ 味玉ラーメン 850円

[住所]東京都千代田区神田神保町2-20
[電話]03-5275-3350
[営業時間]11時〜15時
[休日]日・祝
[交通]都営地下鉄三田線ほか神保町駅A4出口から徒歩3分

夜は居酒屋の製麺所直営店

麺屋 TAMOTSU
渋谷

最後は渋谷の『麺屋TAMOTSU』だ。長野市にある製麺所の直営店で、昼はラーメン、 夜は居酒屋として営業。ご自慢の麺を啜ると、パツッとした歯切れもよく、のど越しが超なめらか。中華麺には必須と言われる“かんすい”不使用なんだとか。なのに、コシもきちんとあって、どうやって打つんだろ?

スープは伊吹いりこの、すっきりとした和風ダシで、全体的に和な趣きだ。“ラーメンはちょっと重い”そんな世代や気分の時にもバッチリだろう。一緒に注文した「佃煮めし」はイリコの佃煮がのっかって、それだけでも、スープをかけてお茶漬け風に食べても抜群だった。それにホスピタリティあふれる接客で元気いっぱい。とある人気店の無愛想な対応にザラついていた(本誌2021年2月P54の座談会参照)私のハートを癒してくれた。ありがとう。

香 〜かおる〜 880円

他にも、固定メニューに絞らず、その時々の食材で全く違う1杯を出す『麺処 図鑑』(下写真)など、どこもレベルが高い! そんな二毛作の店、これからも注目だ。

渋谷にある『麺処 図鑑』の「特製牡蠣の淡麗そば」 (1200円)。取材時は牡蠣ダシで、その前は鴨ダシと、その時々の食材にスポットを当てた一杯を提供

取材・撮影/菜々山いく子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。
琥珀色のスープに映える黄が鮮やかな薄焼き卵、青菜の青、中央にあしらうナルトまで、完璧に配された見た目と味、その全ての要素が90年近く受け継がれる店の源、中華そばだ。作り上げたのは店主・久保さんの祖父である初代。
チャーハンを頬張る学生の横で餃子とビールを楽しむサラリーマン。大井町で長年愛される中華料理店の変わらぬ日常。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル