MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
スーパー、コンビニで手に入る 3000円以下で旨いスパークリングワイン

スーパー、コンビニで手に入る 3000円以下で旨いスパークリングワイン

華やかな場や乾杯時に人気のスパークリングワイン。近年はお手頃価格で美味しいものがたくさん揃っている。そこでワイン大好きな「おとなの週末」スタッフが、デイリーなスパークリングを飲み比べ。ランキングを決定しました!

perm_media 3000円以下のデイリースパークリングワインのランキングを画像でチェック! navigate_next

お値打ちワインはどれだ!?

楽しいイベントの最初の一杯として登場することも多いのがスパークリングワインだ。爽やかな飲み口と華やかな印象でホームパーティーにも欠かせず、手土産にも喜ばれるアイテムだろう。

そこで今回はスーパー、コンビニで売られている手頃なスパークリングワインから、最初の一杯はもちろん、食中酒としても合いそうなブリュット(辛口)をメインにブラインドテイスティングを実施。

フランス、イタリア、スペイン、アメリカ、日本、オーストラリア、チリ、メキシコ、南アフリカの9カ国を揃えた。

最安値は864円、最高値は2838円で、多くが2000円以下で買えるものをチョイス。シャンパーニュやスプマンテ、カヴァ、ランブルスコも交え、レコメンドを探した。

覆面試飲に挑んだのはこの5人

[ライター]池田
[ライター]カーツ
[ライター]市村
[編集]門脇
[編集]武内

スパークリングワイン白 覆面ランキングBEST7

スーパー&コンビニで購入できるスパークリングワイン(白)を13本用意。ラベルが見えないようにして試飲し、各自5点満点で評価、合計点で順位付けしました。

【7位】キュヴェ・ブリュット
南アフリカ

購入価格/1020 円
購入先/サミット

キュヴェ・ブリュット

力強さと はっきりした輪郭が特長

ガス圧が強めだが果実味もしっかり。

「飲みやすさと華やかさの両方があるのでパーティーにも。飲む人を選ばない使い勝手の良い1本」(武内)

池田★3.5
カーツ★4
市村★1.5
門脇★3
武内★3.5
合計15.5点

【同点5位】甲州 酵母の泡
日本

購入価格/1738 円
購入先/コモディイイダ

甲州 酵母の泡

日本固有の甲州種を使用した瓶内二次発酵

きめ細やかな泡立ちと柔らかな酸味、飲み口が魅力の日本のワイン。

「色が淡くてやさしく伸びのある香りでスッキリ。全体的に伸びやかで好印象」(池田)

池田★4
カーツ★3
市村★3.5
門脇★3.5
武内★2.5
合計16.5点

【同点5位】アルテ・ラティーノカバ セミ・セコ
スペイン

購入価格/1624円
購入先/ナチュラルローソン

アルテ・ラティーノカバ セミ・セコ

爽やかで若々しさを感じる淡い甘口

ポイントは瓶内で二次発酵させていること。

「酸が穏やかで、丸みのある味わいが印象的」(門脇)。「最後に残る甘みが好き」(カーツ)

池田★3.5
カーツ★4
市村★3
門脇★2.5
武内★3.5
合計16.5点

【同点3位】セグラヴューダス ブルート オーガニック
スペイン

購入価格/1848 円
購入先/ナチュラルローソン

セグラヴューダス ブルート オーガニック

希少なオーガニックのカヴァ

豊かな果実味が感じられる1本。この価格帯のカヴァでオーガニックは珍しい。

「軽やかだけど、バランスが良いと思う。爽やかな味わいで好印象」(市村)

池田★4.5
カーツ★3
市村★4
門脇★3.5
武内★3
合計18点

【同点3位】サラ ビべ ブリュット
メキシコ

購入価格/988円
購入先/まいばすけっと

サラ ビべ ブリュット

和食にも洋食にも相性抜群!

瓶内二次発酵させる伝統製法で造られた1本。完成度の高さに驚きの声が上がった。

「少し熟した杏のような香りがして、口に含むと膨らみがある。酸味もあるし、いろいろな料理に合いそう」(池田)。
「独特の香りが個性的で好き」(武内)

池田★4
カーツ★3
市村★4
門脇★3
武内★4
合計18点

【2位】ジェイコブス・クリーク シャルドネ ピノノワール
オーストラリア

購入価格/1628円
購入先/ライフ

ジェイコブス・クリーク シャルドネ ピノノワール

爽やかな後味が特長。試飲メンバーの多くが好評価だった。

「果実味と酸のバランスがとても良いので、どんな料理にも合いそう」(門脇)。
「最初は炭酸がしっかりある印象。香りや甘み、酸味のバランスが良い」(武内)

池田★4.5
カーツ★2
市村★3.5
門脇★4.5
武内★4
合計18.5点

【1位】シャンパーニュ ルイ シャルヴォン グランド レゼルヴ
フランス

購入価格/2838円
購入先/イトーヨーカドー

シャンパーニュ ルイ シャルヴォン グランド レゼルヴ

貫禄とエレガントさが魅力

満場一致で1位に決定。テイスティング時点で数人が「シャンパーニュでは?」と推測。36ヵ月以上熟成の優雅な味わい。

「泡が強めで、色も濃く、べっこう飴のような香りとボディがある。酸もありバランスが絶妙」(池田)。
「安定・安心の美味しさ」(市村)

池田★4
カーツ★5
市村★4
門脇★4.5
武内★4.5
合計22点

スパークリングワイン赤・ロゼ 覆面ランキングBEST7

スーパー&コンビニで購入できる スパークリングワイン (ロゼ、赤)を11本用意。 ラベルが見えないようにして試飲し、各自5点満点で評価、合計点で順位付けしました。

【7位】タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ
イタリア

購入価格/864円
購入先/ファミリーマート

タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ

果実味と甘み、膨らみが魅力のランブルスコ

美しいルビー色と、芳醇なバラとフルーツの香りが印象的。

「ほんのり渋みを感じて、好きな味。ジャムをつける肉料理、例えば鴨などと食べたい」(武内)

池田★4.5
カーツ★1.5
市村★3.5
門脇★3
武内★3
合計15.5点

【6位】フロンテラ プレミアムスパークリング・ロゼ
チリ

購入価格/987円
購入先/コモディイイダ

フロンテラ プレミアムスパークリング・ロゼ

華やかでバランスが良く安心できる味

「プレミアム」なのは、手摘みのブドウを主に使っているから。

「色がとてもかわいらしい。すっきりとした甘みがあって万人ウケする味だと思う」(市村)

池田★3
カーツ★3
市村★3.5
門脇★2.5
武内★4
合計16点

【5位】プロジェクト・クワトロ・カヴァ ロゼ
スペイン

購入価格/1980円
購入先/ナチュラルローソン

プロジェクト・クワトロ・カヴァ ロゼ

スッキリ辛口で滑らかな口あたり

キリリとした辛口なのでメニューを選ばない。シルバーピンクのボトルも印象的。

「シャープな飲み口で甘さも香りも程よく、個人的に好きな味」(武内)

池田★4
カーツ★2.5
市村★2.5
門脇★3.5
武内★4
合計16.5点

【4位】ロジャーグラート ロゼ スペシャル
スペイン

購入価格/1628円
購入先/イトーヨーカドー

ロジャーグラート ロゼ スペシャル

バランスが良く、エレガンスさを感じる1本

果実味、酸、タンニンのバランスが絶妙。

「とてもフルーティーなので、フルーツカクテルのように果物を角切りにして混ぜて味わいたい」(カーツ)

池田★3
カーツ★3.5
市村★4
門脇★3.5
武内★3
合計17点

【3位】ボッテガ ロゼ ゴールド
イタリア

購入価格/2838円
購入先/イトーヨーカドー

ボッテガ ロゼ ゴールド

鮮やかな色み、美しさと華やかさが映える

高級感のあるボトルが目を引くスプマンテ。リンゴやモモなどのフルーティーさと白い花を感じさせるやさしい香りでコクのある味わいが特長。

「きめ細やかな泡で、酸と果実味のバランスが取れている。ずっと飲むならこれがいい」(門脇)

池田★3.5
カーツ★3
市村★4
門脇★4
武内★3
合計17.5点

【2位】ジェイコブス・クリーク スパークリング ロゼ
オーストラリア

購入価格/1550円
購入先/ナチュラルローソン

ジェイコブス・クリーク スパークリング ロゼ

美しい色みとフレッシュ感で高コスパ

白のランキングでも高評価だったオーストラリアを代表するワインブランドのロゼ。優雅さと繊細さを併せ持つ

「白い花やベリー系の香り。ガス圧もそれほど高くなく、食中酒として楽しめる1本」(門脇)。
「ボディがきちんとあって旨みもある」(池田)

池田★4
カーツ★4
市村★3.5
門脇★3
武内★4.5
合計19点

【1位】ヨセミテ・ロード スパークリング (ロゼ)
アメリカ

購入価格/811円
購入先/セブンイレブン

ヨセミテ・ロード スパークリング (ロゼ)

イチゴやキャンディが香るファンシー系ロゼ

セブン&アイグループオリジナルのカリフォルニアワイン。親しみやすい甘い香りが特徴で、幅広い食事に対応。

豊かな果実味を感じる。酸味がほんのりあるので、生ハムが無性に食べたくなる」(武内)。
「少し甘めで軽やかな味わい。色もきれい」(市村)

池田★3
カーツ★5
市村★4.5
門脇★3.5
武内★3.5
合計19.5点

生産国が見えにくいレベルの高さ

門脇「スパークリングワインは、炭酸があるのでスティルワインに比べて、テイスティングが難しいんだよね」

武内「今更言われても(笑)!」

市村「今の時代、情報で飲み食いしちゃう部分がありがちだから、完全ブラインドでの飲み比べは楽しかったですね」

池田「安くてもこんなに旨いんだ! と、うれしい発見もあったな」

カーツ「ロゼってあまり飲んだことがなかったので、今日は勉強になった気がします」

門脇「白でダントツの1位だったのは、やはりシャンパーニュでしたね」

武内「僕は見事予想が当たってうれしかったです」

市村「試飲しながら、各自で産地(国)をなんとなく予想するのも楽しかったですね」

門脇「個人的に驚いたし、よかったのは、白もロゼも『ジェイコブス・クリーク』。果実味や酸のバランスが良くて、いろいろな料理に合う。この豪州のワイナリーの底力を感じました」

カーツ「ニューワールドの発泡酒は正直期待していませんでしたが、これは美味しかったなぁ」

門脇「ヨーロッパの伝統産地に比べ、やや雑なイメージがあったけど、そういう時代じゃないことを痛感したな」

池田「僕も同感。白3位の『サラ ビべ ブリュット』の美味しさは驚きでした。膨らみがあってトロピカルな感じもあるんだけど、こってりではない。薄めのダシのきいた煮物や軽く甘めの煮物、おせちとかにもけっこう合いそう

カーツ「僕はロゼの発泡酒ってあまりハズレがない、というのが発見でした。もし迷ったら安い方を買ってもいいのでは

門脇「確かに、ロゼはどれもテイストが似ていましたよね」

カーツ「お正月ならロゼの方がいいのかな。色的にもきれいだし」

門脇「日本酒が好きな人は、ロゼの甘みはイヤじゃないでしょ?」

武内「イヤじゃないですね」

池田「個人的には5位の『プロジェクト・クワトロ・カヴァ ロゼ』が良かった。スッキリとしているから昼間に飲んでも気持ちいいかな。スペインならではの力強さもあり、意外に侮れませんでした」

武内「あとは、全員一致でダメだったものがあっておもしろかった。当然、ランク外ですが」

市村「香りを嗅いだ瞬間に全員が『なんだこれ!?』となりました」

武内「パックで売っている安い白ブドウジュースに醸造アルコールと炭酸を入れた感じ」

池田「国産だと予測したのは正解だったけど、複雑な気持ち……。今後の改善に期待したい」

市村「ですよね(涙)。ランキングでご紹介しているのはどれも美味しいですが、読者の方は選ぶのに迷いそうな気も」

池田「例えば白3位の『サラ ビべ ブリュット』は熟した香りがあってふくらみもあり、完成度も高い。同じく白3位の『セグラ ヴューダス ブルート オーガニック』や白5位の『甲州酵母の泡』などはスッキリ系。この価格帯だから、あえて対照的な味わいの2本を揃えて、飲み比べるのも楽しいと思います」

門脇「『甲州 酵母の泡』はおでんとかにも合いそうだし、日本ワインは応援したいですね。ぜひスパークリングワインをお楽しみください」

5人の個人的BESTはコレ!

池田・門脇:「ジェイコブス クリーク シャルドネ ピノノワール」
「オーストラリア産はここまで酸味がある印象ではなかったが、これは飲み疲れせず、何にでも合いそう」(池田)
「イタリアのスプマンテと間違えてしまったほど、果実味と酸のバランスが秀逸で飲み飽きない」(門脇)

池田・門脇おすすめ「ジェイコブス クリーク シャルドネ ピノノワール」

カーツ:「アルテラティーノ カヴァ セミセコ」
「最近、甘口が好きということもあり、つまみや料理がなくても満足感が感じられるこの1本が気に入った」

カーツおすすめ「アルテラティーノ カヴァ セミセコ」

市村:「ヨセミテ・ロード スパークリング」
「少し甘めで軽やかな味わい。色が濃くて可愛らしいので女子っぽさをアピールしたい時にも(笑)」

市村おすすめ「ヨセミテ・ロード スパークリング」

武内:「サラビべ ブリュット」
「松ヤニっぽい独特の香りがあって個性的で好き。自分で買って飲むならこれ。松前漬けに合いそう」

武内おすすめ「サラビべ ブリュット」

撮影/高井潤 文/市村幸妙

※試飲したワインはすべて都内のスーパーで購入したものです。エリアや店舗によって取り扱い内容が異なる場合があります。また、購入先と購入価格は2019年11月時点のものです。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
シリーズ累計815万部超の大ヒット漫画『きのう何食べた?』(よしながふみ著、モーニングKC)のTVドラマに登場する料理レシピを収めた『公式ガイド&レシピ きのう何食べた?~シロさんの簡単レシピ~』(講談社)。その人気レシピ本の続編が刊行されました。本書では、2020年放送の正月スペシャルドラマや2021年11月3日公開の劇場版などで、弁護士・シロさん(西島秀俊)と美容師・ケンジ(内野聖陽)の恋人同士2人が暮らすアパートの食卓に並んだ料理のレシピを紹介しています。『おとなの週末Web』ではその中から2品を厳選。前後編に分けて期間限定で公開します。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル