MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ランチは定食のみ!! たぶん福岡初のアジフライ専門店

ランチは定食のみ!! たぶん福岡初のアジフライ専門店

様々な飲食店が集まる博多に、初の専門店がオープン。それはアジフライ。お昼は定食一本という力の入れようで、実は早くも行列ができるほど人気を集めている。その秘密を探った。

perm_media 珠玉のアジフライが食べられる『おむこさん』を写真でチェック!! navigate_next

主に長崎県から直送! 獲れたてのアジを揚げる

地下にある『アジフライセンターおむこさん』

2020年2月、ありそうでなかった、アジフライの専門店が福岡市博多区博多駅前にオープンした。

ランチタイムのメニューはアジフライのみの潔さという、その名も、『アジフライセンターおむこさん』だ。

“おむこさん顔”の店長 宮田一輝さん

まず気になるのは“おむこさん”だが、「おむこさん顔だよね」と、言われたことがきっかけで、この店名にしたと店長の宮田一輝さん。「親しみやすくて記憶に残る店名だったから」とも。一度覚えたら忘れない店名ではある。

ただ、「初めて来店したお客さんは、みんな店を見回して“おむこさん”らしき人を探すんですよね」。ちなみに宮田さんはまだ独身。店内でおむこさんを見つけることはできない。でも、客との会話のきっかけにはなる面白い店名だ。

さらに気になるのが、なぜアジフライだったのか、ということ。

「何かに特化して、絞り込んだ店にしたいと思っていました」。宮田さんは、日本料理店で5年間経験を積み、魚の捌き方なども身につけた。

主に長崎県から直送される獲れたてのアジを、1尾1尾ウロコを取り内臓を取って処理する。この丁寧な下ごしらえが、新鮮なアジを最大限に生かすのだそうだ。

また、アジフライに絞り込んだことで、衣をつけおきせず、注文が入るごとに、衣をつけてから揚げることができる。よりサクサクで、軽い食感のフライを客に提供できるようになった。

1尾1尾丁寧に揚げていく

ランチはアジフライ定食のみながら行列店の仲間入り

店の人気メニューはランチの「活アジフライ定食」

テーブルにご飯、味噌汁、小鉢、漬物が出てきて、注文が入ってから細かいパン粉の衣をつけた揚げたてのアジフライがキャベツやたっぷりのタルタルソースと供される。

ランチメニューの「活アジフライ定食」880円(ご飯おかわり一杯無料)

まず、目の前のアジフライの大きさに驚く。アジが1尾半使われているということは、かなりカタのいいアジなのが伺える。ちなみに、届いたアジが比較的小ぶりだった時は、2尾使うそうだ。

ランチメニューの「おむこさん定食」1300円(ご飯おかわり一杯無料)

ちょっと贅沢したいときは、「活アジフライ定食」に刺身がついた「おむこさん定食」がオススメだ。

『おむこさん』では、まずフライを塩と山椒で味わうことを推奨している。テーブルには、ソースや醤油とともに、藻塩と碾きたての山椒パウダーのミルが準備されている。

塩と山椒

オススメ通り、まず塩と山椒でひと口。

サクッとしているが、肉厚でボリュームはある身はふっくら柔らかく、口の中でほどけるようだ。軽い。山椒の香りもいい。

「開店前はお客さんの大半が男性だと想定していましたが、蓋を開けたら半分は女性で、ひとりでもご来店いただいています」。

女性にも人気な理由は、サクサクの軽い口当たり。その秘訣は使っているサラダ油にもあるらしい。

天ぷらのようにゴマ油とブレンドしたり、他の油でも揚げてみたり、いろいろ試した結果、アジの持ち味を十分生かせるのは癖のないサラダ油だった。

サラダ油がサクサクの軽い口当たりを生む秘訣

夜はアジフライやアジ料理で一杯

塩と山椒で食べるのがオススメのアジフライだが、ランチだとご飯に合わせてソースやタルタルソースと食べるのが主流。

「アジフライ」500円(千切りキャベツ付き)

でも、夜だと好みの酒に合わせて、キュッと絞ったレモンに塩も格別。昼と違い注文のたびに揚げたてが食べられる。また、夜のアジフライは、替玉ならぬ、替フライも好評。これも、注文のたびに揚げたてだ。薬味を変えるだけで味わいは変わり、広がり、楽しみも増していく。

「アジ南蛮漬け」550円

さらに、夜はメニューを広げ、今後はアジ料理に特化した居酒屋を目指すのだそうだ。

環境のいい長崎の海から直送されたカタのいい新鮮なアジを、手間暇かけて丁寧に下処理しているのだから、臭みは一切なく、肉厚で味には自信がある。フライ以外でも美味しいに違いない。刺身やタタキ・南蛮漬け、洋風なアレンジなど、レパートリーは数多い。

「アジプレート」1500円(手前から、アジ握り、生ハムアジサラダ、アジたたき)

また、おむこサワー、およめサワーなどオリジナルドリンクも含め、ドリンクメニューも多彩。ランチタイムとは違う、アジフライセンターも魅力的だ。

左/「およめサワー」、右/「おむこサワー」各600円

■アジフライセンターおむこさん
[住所]福岡市博多区博多駅前4-4-23 第三岡部ビル地下1階
[電話番号]092-482-3520
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時〜22時(21時半LO)
[休み]日
[交通]JR鹿児島本線ほか博多駅西17出口から徒歩7分

広々とした店内でアジフライをご賞味あれ!!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
牛島 千絵美

福岡市在住の食いしん坊ライター。美味しいものを美味しく食べるために、運動と月イチの歯のメンテは欠かせない。博多と言えばラーメンのイメージだけど、コシのないうどんも食べて欲しい。

関連記事
コースの幕開けに差し出される活エビの、ピンッと開いた尾扇まで何と美麗なこと。飾り包丁でシャレた装いのナスはみずみずしさを内に秘め、捌きたての穴子は醤油、塩、天つゆの味の変化で楽しませる。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。
とんかつが食べたい! せっかく食べるなら、店名に『とんかつ』が入るようなお店に行きたい。というわけで、専門店に絞って大調査。じっくり揚げて食べさせてくれる王道の店と、食べ方やスタイルに特徴のある個性派に分けてお届け。好みの食べ方でお選びください。今回は個性派編!
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル