MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
全95台が集まる相模原の“聖地”は想像以上に旨楽しいスポットだった!【気になる自販機3】

全95台が集まる相模原の“聖地”は想像以上に旨楽しいスポットだった!【気になる自販機3】

巷に自動販売機は数あれど、大抵が同じ類のものばかり。かつて隆盛を誇ったグルメ系自販機も今は昔、なくなっていたと思いきや……神奈川県相模原市にあったのです!! 全95台が集まる“聖地”へ自販機好きの編集部スタッフが喜び勇んで向かいました。

perm_media 記事にはない写真もいっぱい!! 昭和気分を写真で満喫 navigate_next

さて、本日は『おとなの週末』7月号の発売日です。「噂の店 噂の店 覆面大調査」や、「ハレの日に食べたい 贅沢ハンバーグ」、「夏の冷やし麺」など、読み応えのある内容となっておりますので、ぜひ書店やコンビニなどでお手にとっていただけますよう。

その本誌では「自販機の聖地in相模原」というページを掲載しており、書ききれない魅力と掲載しきれなかった写真も満載なので、このwebでもご紹介したいと思う。

95台の自動販売機が集結!!

今やデジタル化が進んで、タッチパネル式やキャッスレス式の最新筐体が増え続けている自販機業界。でも、思い出してほしい。ひとむかし前は、高速のパーキングエリアに、公園や遊園地の休憩所に、食べ物系自販機が花盛りだったことを!

そんな、むかし懐かしの自販機が今も大集結している場所がある。神奈川県相模原市の『中古タイヤ市場 相模原店』だ。

自動販売機が並ぶ様は圧巻!!

社長の斉藤さんは、レトロ自販機を今もなお愛し、もう動かなくなってしまった筐体を各地から引き取り、自ら修理してかつての輝きを取り戻させている!

その数、現在なんと95台!

いろいろあって目移りすること必至!

UCCやダイドーブレンドコーヒー、ロッテチウインガム……、眺めているだけでノスタルジックな気分になるドリンクや菓子の筐体のほか、ラーメン、そば、うどん、ハンバーガー、ホットスナックと、フード系も充実のラインナップだ。

感涙必至の自販機グルメは懐かしくて美味しい!

さあ、そんな自販機メニューを1品ずつ紹介していこう!

まずはラーメン。この自販機ではシンプルな「ラーメン」(300円)と「チャーシューメン」(400円)の2種類を販売している。

ラーメンの自販機

醤油ベースのスッキリとしたスープに、製麺会社が専用に開発した中太の蒸し麺。筐体の機能として麺自体を湯通ししているそうで、申し分なく熱々だ。丼を覆うように乗ったロールチャーシューの旨さも光っている。

「チャーシューメン」400円

ちなみに、10杯に1杯くらいの割合で、味玉入りの“当たり”も仕込んでいるそう。

うどんとそばの自販機。見覚えのある方も大勢いることでしょう

ああ、懐かしのこのビジュアル!

牛丼の“頭”を思わせる甘辛く煮付けた牛肉が乗って、それぞれ400円。ちなみに、数台先にはかき揚げ風の天ぷらそば・うどん(300円)の筐体も。ダシの風味を利かせたツユに、牛肉の旨みが溶け出して、もうたまらない!

自販機から完成形の肉そばが!!

「肉そば」400円

トーストサンドの自販機では、ハムチーズとコンビーフの2種類を用意。

いかにも昭和感漂う自販機

「こんがり焼いて40秒」とあるように、筐体の中にある鉄板で挟んで焼き上げる。ちょっと焦げ目がつき過ぎたり、つかなかったり、それはご愛嬌。温めるとパンに塗られたバターの香りがあふれ出し、シンプルながら味わい深い。

手作り感あふれる「コンビーフトースト」300円

ちなみに、麺類全般とトーストサンドは、敷地内の調理室で作った自家製だ。

お店の厨房で作られる

社長の斉藤さん自ら筐体に商品を補充

社長によれば「自分たちが毎日でも食べてもいいと思える味に開発した」そうで、実際食べてみると、思い出補正なんかじゃなく、想像している味の3倍は旨い!

よく高速道路のサービスエリアで見かけた!!

シワシワのバンズにグッとくるハンバーガーの自販機も

「ハンバーガー」280円

近くで販売している瓶のペプシやコカコーラと一緒に食べれば、まさに昭和にタイムスリップ。レトロなデザインの外箱は、持って帰って自宅に飾るも良しだ。

筐体についた栓抜きに引っ掛けて空ける

↑ハンバーガーの購入は動画でもどうぞ。

他にも、かき氷に味噌汁、ボンカレー(ライス付き)……、と一度じゃ食べきれないほどの自販機グルメが満載! 家族で行けば、自販機を知らない平成世代でも、盛り上がること間違いなし。この夏の行楽にいかが?

左から「焼きおにぎり」250円、「味噌汁」100円、「かつ丼」350円、「かき氷」メロン 150円

別のエリアにも自販機がたくさん。前掲の懐かしいお菓子もこのエリアで購入

■『中古タイヤ市場 相模原店』
[住所]神奈川県相模原市南区下溝2661-1
[電話番号]042-714-5333
[営業時間]10時~19時(自動販売機は24時間)

撮影/小島 昇

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連記事
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の最終回では、名曲誕生の秘密が明かされます。そして、筆者が推すユーミンのベスト3を紹介します。
SNSやテレビなどで、北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」の話題が耳目を集めています。それに関係してか、東京都内など道外の小売店でもプライベートブランド(PB)商品を見かける機会が増えました。物産展のようなイベントではなく、常時、購入できます。特に大手ドラッグストアチェーンの「ウエルシア」に多くの商品が展開していて、SNSでも話題になりました。2021年現在、都内にセイコーマートの店舗はありません。なぜドラッグストアにセイコーマートの商品が並んでいるのでしょう?
20年ほど前に訪れたルーマニア北部の小さな町。バス停で民泊の客引きをしていたマリア母さんの家に泊まることになった私が、たどりついた家で見た驚きの部屋とは? 第2回目の「世界のへんな夜」は、ルーマニアの夜の出来事を前編に続きお届けします。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル