MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
四ツ谷で「男のひとりめし」|つるやVINO(フレンチ/四ツ谷)

四ツ谷で「男のひとりめし」|つるやVINO(フレンチ/四ツ谷)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「つるやVINO」。今宵はフレンチが食したい。かといって肩肘張らず、ひとりでリラックスして……と、そんな時はこちらに向かう。四谷は荒木町の隠れ家的ビストロ、『つるやVINO』だ。[交]四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》四ツ谷で「男のひとりめし」|つるやVINO(フレンチ/四ツ谷)の画像をチェック! navigate_next

つるやVINO(最寄駅:四谷三丁目駅)

ひとり本格フレンチを気楽に、自由なスタイルで楽しめる

フランス人オーナーのセルジュ・マリー氏はワインのインポーターで、そのアンテナショップとして同店をオープン。小規模生産者が造る、自然なワインをグラスで楽しめるのもうれしいが、桐原シェフの料理がまたそこに寄り添う。 メニューはリエットやパテ、前菜、本日おすすめのメインまで、黒板にいっぱい。メインひと皿でも前菜でも満足度はかなり高い。ソースもしっかりした本格フレンチ。なれど、カウンター越しにシェフと会話したり、セルジュ氏と冗談を交わしたり、自由な雰囲気で楽しめる。

シャラン産鴨胸肉のロースト ソースサンチュベール
2900円

この日のメインのひとつ、「シャラン産鴨胸肉のロースト ソースサンチュベール」。赤ワインのソース、焼き加減も柔らかくて絶妙

ジャンボン・ペルシエ(豚のパセリ風味テリーヌ)
900円

奥は「ジャンボン・ペルシエ」(豚のパセリ風味テリーヌ)、手前は南仏の郷土料理をアレンジした「イワシのピサラディエール」

イワシのピサラディエール
1100円

つるやVINO

[住所]東京都新宿区荒木町7-3 モンセラート四谷1F [TEL]03-5368-0307 [営業時間]18時〜翌2時(翌1時LO) [休日]日、祝日の月 [席]29席(カウンター5席)/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

電話番号 03-5368-0307
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
442views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル