MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
瓢喜 香水亭|全室個室でゆったり優雅な昼膳を(懐石料理/銀座)

瓢喜 香水亭|全室個室でゆったり優雅な昼膳を(懐石料理/銀座)

銀箔をあしらった店内は全席個室。靴を脱いで上がり、仲居さんの給仕を受けながらゆったりとくつろげる。看板は、白金豚や赤城ポークを京野菜とともにせいろで蒸し。瓢喜 香水亭 京橋店(ヒョウキ カスイテイ)[交]地下鉄銀座線京橋駅4番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

瓢喜 香水亭(最寄駅:京橋駅)

看板は、白金豚や赤城ポークを京野菜とともにせいろで蒸し、カツオや昆布、煮干しなどで丁寧にとったダシでいただく「蒸しゃぶ」(昼2300円~、夜5000円~)。他に、多彩な昼の御膳が評判。京の日本料理店の姉妹店だけに、繊細な味わいと華やかな盛り付けも見事で魅了される。

ローストビーフ御膳
1728円

ローストビーフには、近江牛のウデ肉または肩甲骨あたりの部位“トウガラシ”を使用。あっさりしているが、旨みは濃厚だ。自家製ポン酢で食す。小鉢、サラダ、ご飯、漬物、汁物、甘味がセット

蒸しゃぶ会席セット
5400円

白金豚を織部焼のせいろで蒸すことで、凝縮した旨みと豊かな風味が際立つ。五段仕込みのダシがさらに旨さを倍増。先付、季節野菜、箸休め、ご飯、甘味付き

瓢喜 香水亭

[住所]東京都中央区京橋2-6-6 JBSビル1階 [電話番号]03-3562-8278 [営業時間]11時半~14時半、17時半~22時半、土17時半~22時 [休日]土曜日昼・日曜日・祝日は予約のみ [座席]1階:個室2~6名×3室、2階:個室2~4名×4室、10名×3室 計64席/喫煙可/予約可/カード可/夜のみサ10% [アクセス]地下鉄銀座線京橋駅4番出口から徒歩3分

電話番号 03-3562-8278
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
131views F&D 最新情報
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt