MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】肉感あふれる野生派ミートソース(スパゲティミートソース/銀座一丁目)

【閉店】肉感あふれる野生派ミートソース(スパゲティミートソース/銀座一丁目)

昼はスパゲティミートソース1本で勝負する専門店、夜は自然派のビオワインに特化したビストロという業態がユニーク。ランチのミートソースは並盛500円からと極めて良心的だが、侮るなかれ、味はかなりの本格派だ。スパゲティミートソース専門 ミートボーイズ 野性派[交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅6番出口徒歩1分 ※ランチタイム有

【閉店】スパゲティミートソース専門ミートボーイズ 野生派(夜は自然派ワイン酒場『vin-vie』バンビ)(最寄駅:銀座一丁目駅)

 昼はスパゲティミートソース1本で勝負する専門店、夜は自然派のビオワインに特化したビストロという業態がユニーク。ランチのミートソースは並盛500円からと極めて良心的だが、侮るなかれ、味はかなりの本格派だ。約20種類のスパイスで煮込んだソースはピリッと利いた花山椒の香りが特徴で、超粗挽きの豚肉の肉感と相まって後を引く旨さ。これを2.2ミリの極太麺と絡めて頬張れば身体中に元気がみなぎってくる。チーズなどトッピングもいろいろあるので選ぶ楽しみも。夜はフレンチベースの料理が評判だ。

スパゲティミートソース野生派!(大盛り、トッピング全部のせ300円+ハンバーグ290円)
1190円

ゴロゴロッと入る豚挽き肉の肉々しさと複雑なスパイスが利いた味わいはクセになる旨さ。写真の量は茹で麺250gの「大盛」(600円)で、これに「とろろオクラ」や「温泉玉子」などトッピング4種の「全部のせ」と自家製ハンバーグを追加。コシのある太麺が好相性だ

野生仔イノシシのロースト(夜の営業『vin-vie』のメニュー)
3024円

一頭買いしている長崎産仔猪の骨付きロース肉を野菜と共に豪快にロースト。猪のバラ肉を使ったポトフも添えられ、かなりのボリュームがある1品

【閉店】スパゲティミートソース専門ミートボーイズ 野生派(夜は自然派ワイン酒場『vin-vie』バンビ)

東京都中央区銀座1-6-17  ☎03-6264-4142 [営]11時半~14時半、土・祝12時~15時、vin-vieは17時半~23時半、土・祝12時~23時 [休]日(連休の場合は最終日) [席]40席(ミートボーイズの営業時は1階のみ計15席)/分煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし [交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅6番出口から徒歩1分

電話番号 03-6264-4142
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt