MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手打ち蕎麦と和食 楽(そば/代々木上原)手打ち蕎麦と一品が旨い!季節のお蕎麦もオススメ!

手打ち蕎麦と和食 楽(そば/代々木上原)手打ち蕎麦と一品が旨い!季節のお蕎麦もオススメ!

キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。

perm_media 《画像ギャラリー》手打ち蕎麦と和食 楽(そば/代々木上原)手打ち蕎麦と一品が旨い!季節のお蕎麦もオススメ!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

手打ち蕎麦と和食 楽(最寄駅:代々木上原駅)

農家直送の粉で打つ香り高く美しい蕎麦大注目の最新店

汁に溶け出した爽やかな酸味によって、ぐんと引き立つ蕎麦の甘みもたまらない。最後の一滴を飲み干し思わず漏れた、ため息までもすだち色。この一杯さえあれば、今夏の酷暑も乗り切れる! 作り手は長濱大さんで、この5月に独立したばかり。修業先は、すだち蕎麦といえばの『土山人』。大阪と東京にある2店舗を渡り歩いて磨いた技は、蕎麦にも蕎麦前にもしかと表れている。訊けば、間もなく石臼を導入予定とか(6月の取材時)。自家製粉によって、さらなる高みを目指す蕎麦の味を想像するだけで、居ても立ってもいられなくなる。

冷やかけすだち
1100円

ツユは薄削りのマグロ節やサバ節に、白醤油や薄口醤油のかえしを合わせている。淡くも繊細な風味がすだちの香りや酸味をストレートに引き立ててくれるのだ

せいろ
825円

淡い冷やかけとは裏腹にもり汁はどっしり濃厚で蕎麦の香りがさらに膨らむ

つまみ盛り
1100円

白バイ貝のそば茶煮、ナスの揚げ浸し、ゴーヤのきんぴらなど旬の味を盛り込む

お店からの一言

店主 長濱 大さん

「お造りや天ぷら、小鉢のついた「おまかせコース」(4400円)もぜひ」

手打ち蕎麦と和食 楽の店舗情報

[住所]東京都渋谷区西原3-2-4 フロンティア代々木上原3階 [TEL]070-7781-8950 [営業時間]11時半~14時、17時~22時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全25席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]小田急線ほか代々木上原駅東口から徒歩1分


電話番号 070-7781-8950

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2020年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
三軒茶屋に高価格メニューを提供する、異色のセルフサービス蕎麦屋があるという噂を聞きつけ、その店『蕎麦処 乃日田井』へ。
 シンプルな外観、かがまねば入れぬにじり口のような入り口。
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル