MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)

【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)

「酒処吉本」は新宿で創業して45年。先代のころから獺祭の蔵元とは20年以上の付き合いがある。この店で常に欠かさないのが「磨き三割九分」だ。酒処吉本[交]JR線ほか新宿駅西口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】酒処吉本(最寄駅:新宿駅)

酒の味わいを知り尽くしている2代目で唎酒師の大原慶剛さんが、「程よい酸味できれい過ぎない柔らかい味が和の食材に合う」と、数ある種類から定番に選んだ。「フグのような繊細な味にも、味のしっかりした〆サバにも合うバランスのいい酒」と、大原さんは言う。 酒の友は旬の魚料理や珍味などが中心。各地の珍味は17種類と豊富に揃う。先代から受け継ぐ「塩イカ胡瓜もみ」(830円)は、長野の保存食であるイカの塩漬けを塩出しし、キュウリやミョウガと合わせたサラダ感覚の肴。さっぱりとした口当たりで、傾ける杯が止まらない。

珍味三点盛り
960円

塩イカ胡瓜もみ
830円

珍味は「鯛酒盗」や「ままかり酢漬」など。「塩イカ胡瓜もみ」は塩出ししたイカを野菜と和えた定番のつまみ。弾力のあるイカとシャキッとしたキュウリの食感が絶妙だ。「磨き三割九分」は1070円

〆鯖
1550円

豊後水道のサバ。リンゴ酢などを入れた秘伝の酢で〆た風味豊かな味わい

鱧皮
830円

炙ったハモの皮を細切りにして自家製の酢で味付け 

酒処吉本

東京都新宿区西新宿1-13-3 西新ビル 3階 ☎03-3348-9658 [営]17時~23時(22時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター9席、テーブル4席×2卓、座敷32席、計49席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し830円別 [交]JR線ほか新宿駅西口から徒歩3分

電話番号 03-3348-9658
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
新米の季節がやってきた!ならば20年以上ひたすら米の旨さを追求するこの店で今年の新穀を愛でたい。
奥渋谷のとあるマンションの1室に、とびきり居心地のいい店がある。調理も接客もひとりでこなすのは店主・江間さんだ。
外から見れば小さな惣菜屋。しかし昼時ともなれば、その奥にある扉の向こうに人が吸い込まれるように入っていく。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1190views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル