MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)

【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)

「酒処吉本」は新宿で創業して45年。先代のころから獺祭の蔵元とは20年以上の付き合いがある。この店で常に欠かさないのが「磨き三割九分」だ。酒処吉本[交]JR線ほか新宿駅西口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】日本酒通が集まる新宿の名店「酒処吉本」(和食/新宿)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】酒処吉本(最寄駅:新宿駅)

酒の味わいを知り尽くしている2代目で唎酒師の大原慶剛さんが、「程よい酸味できれい過ぎない柔らかい味が和の食材に合う」と、数ある種類から定番に選んだ。「フグのような繊細な味にも、味のしっかりした〆サバにも合うバランスのいい酒」と、大原さんは言う。 酒の友は旬の魚料理や珍味などが中心。各地の珍味は17種類と豊富に揃う。先代から受け継ぐ「塩イカ胡瓜もみ」(830円)は、長野の保存食であるイカの塩漬けを塩出しし、キュウリやミョウガと合わせたサラダ感覚の肴。さっぱりとした口当たりで、傾ける杯が止まらない。

珍味三点盛り
960円

塩イカ胡瓜もみ
830円

珍味は「鯛酒盗」や「ままかり酢漬」など。「塩イカ胡瓜もみ」は塩出ししたイカを野菜と和えた定番のつまみ。弾力のあるイカとシャキッとしたキュウリの食感が絶妙だ。「磨き三割九分」は1070円

〆鯖
1550円

豊後水道のサバ。リンゴ酢などを入れた秘伝の酢で〆た風味豊かな味わい

鱧皮
830円

炙ったハモの皮を細切りにして自家製の酢で味付け 

酒処吉本

東京都新宿区西新宿1-13-3 西新ビル 3階 ☎03-3348-9658 [営]17時~23時(22時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター9席、テーブル4席×2卓、座敷32席、計49席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し830円別 [交]JR線ほか新宿駅西口から徒歩3分

電話番号 03-3348-9658
2015年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル