MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
三ツ星店で出会った珠玉の一皿!今月の金メダルはココだ!(2016年4月号)

三ツ星店で出会った珠玉の一皿!今月の金メダルはココだ!(2016年4月号)

毎号、覆面調査で出会った三ツ星店に、あらためて取材を申し込み、撮影している小誌。その中でも傑出したおすすめ店、逸品料理をスタッフの投票で決めている企画です。今月の金メダルは水道橋のタレカツ神保町本店と六本木の御曹司 松六家、池袋のNo.18 HAMBURGER & DININGBAR、神田の焼肉 ゑびす本廛。

タレカツ神保町本店
水道橋

野菜ヒレかつ丼
930円

ヒレ肉に加え、なす、かぼちゃといった季節の野菜5種のフライがのる。野菜のジューシーさ、細かなパン粉のサクサク感、ご飯にのせる前にくぐらせ特製ダレの甘辛さは、実にご飯とマッチ。食べる手が止まらない美味しさだ。

御曹司 松六家
六本木

極上黒毛和牛ひつまぶし御膳(昼のみ)
1,500円

極上黒毛和牛のステーキをお茶漬けで食べる贅沢。A5ランクの黒毛和牛のイチボとランプを炭火で炙り、秘伝のタレとあわせてご飯にのせる。半分は薬味をのせてそのままで、残る半分は和風お茶ダシをかけてひつまぶし風にしていただく、和牛の旨みと甘み、コクを感じつつもさっぱりと食べられる逸品。

No.18 HAMBURGER & DININGBAR
池袋

アボカドチーズバーガー
1,300円

完璧なルックスとステーキ肉を使ったパティに唸る!ステーキ用のUSビーフを100%つなぎなしで使用した、肉感あふれるパティが自慢のバーガー。手切り肉だからこそ出せる食感とジューシーさを満喫できる。食べるのが惜しいほど計算され尽した美しいルックスも◎

焼肉 ゑびす本廛
神田

ゑびす鉄板焼き(昼のみ)
1,050円

ワイルドかつオリジナルな美味。豪快に混ぜて食べるべし。鉄板にのるナポリタンと牛焼肉、キャベツをよく混ぜ、酸味あるソースや、好みでタバスコをかけて食べる。それをご飯にのせて丼にしても驚きの美味しさ。見た目はワイルドだが、これぞ男の美食と断言できる逸品なのだ。

2016年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
922views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
19306views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt