MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「ゆら鯛 塩釜焼き」をお取り寄せ!塩釜から現れる尾頭付きのタイ姿も旨みも圧巻!

「ゆら鯛 塩釜焼き」をお取り寄せ!塩釜から現れる尾頭付きのタイ姿も旨みも圧巻!

「ゆら鯛 塩釜焼き」はおとなの週末「父の日ギフトをお取り寄せ」ランキング1位を獲得!お祝い事の贈り物に最適のお取り寄せ!

ゆら鯛 塩釜焼き
¥ 5,400(税込)送料込

愛媛県・由良半島の美しい海で育てた【ゆら鯛】を、注文ごとに水揚げして活き締め。天然海塩を使い、一尾丸ごと塩釜焼きにした。付属の木槌で叩き割ると、中から見事な尾頭付きが現れる。身はしっとり柔らか、程よく塩気が染みていて、凝縮された旨みが実に味わい深い。まさにおめでたい日にぴったりの一品だ。

○試食会での審査員の評価
「インパクト抜群。目の前に登場すると一気にテンションが上がる」
「塩釜を割る作業を父と一緒にやると、より喜んでもらえそう」
「塩辛いかと思いきや、絶妙な塩加減で美味」
「食べたあとの頭や骨は潮汁にも利用できる」

○価格:¥ 5,400 (税込)送料込
○名称:鯛の塩釜焼き
○内容量:約500g
○原材料:真鯛(愛媛県産養殖)、食塩、卵白
○配送形態:冷蔵
○保存方法:冷蔵
○賞味期限:冷蔵7日間
○熨斗:可
○名入れ:可
○包装:不可
○手提げ:不可
○備考:そのまま、もしくはレンジアップ
○販売者:【宝水産有限会社】〒798-3701 愛媛県南宇和郡愛南町柏617

※現在販売を中止しています

2017年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
これさえあればごはんが何膳でも食べられる!本場和歌山の梅干し、リピート多数の奈良漬け、昆布にちりめんじゃこなど、日本各地からとびきり美味しいご飯のお供を集めました。 自宅にあれば大助かり、ギフトにしても喜ばれるものばかりです。
思わず「さすが!」と唸る美味しさ!今回ご紹介するのは、予約の取れない人気店や一流店の料理人が 監修したお取り寄せグルメ。妥協をしない彼らがこだわった商品は どれも舌を唸らせるものばかり。ギフトにもおすすめです。
1212views お取り寄せ
美味しいパンで幸せな朝食時間を!日本全国の人気パンを通販でお取り寄せ。定番の食パンをはじめ、生クリーム入りのクロワッサン、メロンパン、あんぱん、カツサンドなど、思わず笑顔がこぼれてしまう逸品だけを取り揃えました。ギフトにも喜ばれますよ。
5825views お取り寄せ
全国の美味しいスイーツを通販でお取り寄せ!今回は、子供も大人も大好きな「フルーツ」がメインのスイーツを厳選してご紹介します。まるでフルーツパフェのような大福をはじめ、美味しさはもちろん見た目も映えるおしゃれなものばかりを集めました。
1373views お取り寄せ
おうちご飯を楽しもう!日本中の美味しいグルメを通販でお取り寄せ!海の幸の宝庫であり、旨い地酒も多く揃う石川県の逸品をご紹介します!今回は、まだあまり世間で知られていない逸品を探し出しました。自宅での晩酌タイムがさらに盛り上がりますよ!
1240views お取り寄せ
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt