MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大塚 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が大塚を食べ歩いて見つけたおすすめ店

大塚 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が大塚を食べ歩いて見つけたおすすめ店

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、大塚エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。

創作麺工房 鳴龍(担担麺/大塚駅 徒歩5分)

東京都豊島区南大塚2-34-4 ☎03-6304-1811 [営]11時半〜15時、18時〜21時 [休]火、月の夜

「鳴龍」の人気は担々麺!奥深いコクのスープに合わせた自家製麺!

化学調味料は使用せず、丸鶏を主体とした天然素材から取るスープは、すっきりとしながらも奥深いコクをもつ。人気は自家製の芝麻醤とラー油が豊かに香る「担担麺」だ。担々麺の概念をくつがえす、上品かつマイルドな味わいを堪能したい。店内にある製麺機で打ち上げる自家製麺は、醤油味、つけ麺など、それぞれのスープに合わせて使い分けている。

千成もなか本舗大塚店(甘味/大塚駅 徒歩2分)

東京都豊島区南大塚3-54-4 ☎03-3982-6000 [営]9時〜19時 [休]無休 [交]大塚駅から徒歩2分

縁起の良いひょうたんの形をした千成もなか

店先には小さなテーブルとイスがあり、その場で食べることもできる。縁起の良いひょうたんの形をした千成もなかには色鮮やかな小倉、梅、ごま、白、こしの5種類の味があり、食べ比べが楽しい。

季節料理 おきつ(和食/大塚駅 徒歩5分)

東京都豊島区南大塚3-23-7 ☎03-3987-8083 [営]11時45分〜14時半(14時LO)、17時半〜23時(22時LO)※土・祝は夜のみの営業 [休]日 [交]JR山手線大塚駅南口から徒歩5分

旬の食材を使用した心づくしの手料理にお腹も財布も大満足

女将が切り盛りする、季節の食材をふんだんに使った料理が自慢の居酒屋ながら、こちらのランチタイムにいただける「おまかせ定食」が圧巻なのだ。おかずには築地から毎日届く新鮮な刺身の盛り合せと、脂ののった干物の2大スターがそろい踏み。さらには天ぷら、煮物、サラダなどを盛り合わせた惣菜プレートが脇をしっかりと固めている。炊きたてホカホカのご飯は大盛りも無料。丁寧にダシをひいた味噌汁が付いて、お値段800円というから良心的というほかない。 旬を味わってもらうため、料理は日替わり。苦手な食材があれば、別の品と変えてくれる心づかいもうれしい。扉を開けると思わず「ただいま」と言いたくなるような、ほっこり優しい笑顔で迎えてくれる。

29ロティ(肉料理/大塚駅 徒歩6分)

東京都豊島区南大塚1-23-8 はらだ荘1F ☎03-6902-1294 [営]18時~24時 [休]水 [席]カウンター5席、テーブル4席、計9席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ10%、お通し代別300円 [交]JR山手線大塚駅北口から徒歩6分

生ハムと燗酒が出合う、懐深く心やさしい酒場

まずは、本場イタリアの上質な生ハムの盛り合わせを。専用のスライサーでごく薄くスライスした生ハムは、口の中で淡雪のように溶けて消える。少し水を加えた割水燗にしているのがポイントで、アルコールの辛みが薄れ、生ハムの旨みを柔らかく包み込む。お燗の熱で生ハムの脂がとろけると、もう至福だ。「お燗は日本酒の奥に隠れた旨みを開くもの」という江澤さん。温度ではなく味をみて、お燗の仕上がりを決めるという。さらに、食べている料理によっても温度を変えたり、割水をしたりと細やかに対処してくれる。 わずか9席と小箱ながらも、燗酒の無限の楽しさを体験できる懐の広い店なのだ。

ネコティエット(中華料理/大塚駅 徒歩4分)

東京都豊島区南大塚1-48-10 ☎090-1214-7478 [営]18時〜翌3時頃 [休]火 [席]10席(カウンター6席)/カード不可/予約可/サなし [交]JR山手線大塚駅南口から徒歩4分

カオスな店内にマイペースな大将。中華版深夜食堂

破れ提灯に意味不明な店名、ちょっと怖そうな大将……。やや入りにくいが、思い切って飛び込んでしまうと、妙にくつろげる店だ。カウンターからは酒瓶越しに大将が淡々と料理する姿を眺めることができる。  ほとんどのメニューにハーフサイズがあり、中華以外にも肉じゃがなどの300円程度のおつまみも充実。餃子は1個から焼いてくれるから、ひとりめしにうってつけだ。実はこの店、昭和33年に大塚に創業した『帝都軒』が移転開業したもの。店名はteitokenの逆さ読みだ。 〆は、連綿と受け継がれる昔ながらの中細縮れ麺にすっきり鶏ガラスープのラーメンを。するとそこへ「今日はケーキを焼いたよ」と大将。期せずしてフルコースを堪能できる夜もある。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
2917views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt