MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
SAKE BAR オトナリ|神楽坂に誕生した日本酒バーの新鋭(日本酒バー/牛込神楽坂駅)

SAKE BAR オトナリ|神楽坂に誕生した日本酒バーの新鋭(日本酒バー/牛込神楽坂駅)

日本酒バーは数あれど、生ハムとのペアリングを提案する店は稀有な存在。しかも空間がモダンなコの字ときたら注目せずにはいられない。

SAKE BAR オトナリ(最寄駅:牛込神楽坂駅)

酒はあまり出回らない銘柄など約40種をラインナップ。それら繊細な味に合わせる生ハムは、塩味が主張し過ぎないよう超極薄にスライスして提供する。例えばメロンの風味がする高知の「酒落衛門」と味わえば、まさに生ハムメロン風だ。定番の生牡蠣のほか、隣接する和食店『なきざかな』から出前できる肴もおすすめ。

酒蔵をイメージした店内。杉のコの字カウンターは広々として居心地がいい。隣接する和食店『なきざかな』と共にオープン。食前や食後に利用する人も

生ハム三種盛り合わせ
1000円

イタリア産生ハムを1㎜にも満たない極薄にスライス。とろける口当たり。日本酒と生ハムの
新感覚の出合いを体験してください

生牡蠣
750円

生牡蠣は宮崎県産。

本日の鮮魚の青唐タタキ
700円

職人の握り熟成寿司
850円

隣店の料理。14日熟成させた金目鯛など。ネタは変わる

SAKE BAR オトナリ

東京都新宿区神楽坂5-35おおとりビル地下1階 ☎080-7954-5357 [営]17時~24時(23時半LO)、土・日・祝15時~23時(22時半LO) [休]火 [席]カウンター12席、計12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]都営大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩5分、飯田橋駅から徒歩9分

電話番号 080-7954-5357
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt