MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ホントに美味しい鯖寿司 厳選5品!お取り寄せ・持ち帰りあり

ホントに美味しい鯖寿司 厳選5品!お取り寄せ・持ち帰りあり

全国各地で美味しいサバを食べている「全さば連」のサバジェンヌこと池田陽子さんが、関東で食べられるサバを中心に至極の鯖寿司5品をセレクト!どれも間違いない逸品です。通販や持ち帰りが可能な商品もあり!

はじめに

鯖寿司といえば京都が有名で、お祭りなど四季のイベントで食される伝統ある料理です。
作り方はというと酢で〆たさばと酢飯を使うのが一般的。しかし、地域やお店によって個性があり、炙りやへしこと言われる調理法など、その味もバラエティに富んでいます。
今回は関東で食べられる、鯖寿司ファンなら絶対に食べてみたい指折りの5品をご紹介します。

炭火焼ごっつり(東京)

『炭火焼ごっつり』銀鯖の棒寿司一本 1180円

こんがり炙った香ばしいサバ、バルサミコ酢を隠し味にした酢飯のバランスが絶妙。ハーフ(620円)もある。店内で食事の場合のみ、テイクアウト可。

『炭火焼ごっつり』銀鯖の棒寿司断面

青森料理を専門にしている居酒屋「炭火焼ごっつり」では、青森県八戸市の八戸前沖さばというブランドさばを使った鯖寿司が食べられます。
日本で一番脂ののりがよいとされるさばの表面は炙って香ばしく、バルサミコ酢を使った酢飯がさばの脂と程よく調和されていて絶品です。銀鯖の棒寿司は一本と、ハーフもあるので注文しやすいですね。

[住所]東京都足立区千住2-31 白石ビル2F
[TEL]03-5244-1696
[営業時間]17時~24時
[休日]年中無休
[アクセス]北千住駅西口徒歩3分

鯖みやま(東京)

『鯖みやま』鯖寿司 3200円

世界でも最高の漁場・長崎五島列島西沖で獲れた1キロ以上のサバを使った、“奇跡の鯖寿司”。テイクアウトは昆布を使ったバッテラ風。店内では炙りで提供。塩だけでも旨い。

『鯖みやま』鯖寿司断面

鯖専門のお店が作る鯖寿司は、長崎の五島列島沖で獲れたさばの中でも1キロを超えたもののみを使用するというこだわりの品です。
銀座の本店よりカジュアルな雰囲気ですが、鯖寿司のクオリティは本店と変わりません。
店内では炙りで提供され、塩だけで食べても大変美味。数量限定の持ち帰りは昆布を使ったバッテラ風です。

[住所]東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー2F
[TEL]3-6206-3950
[営業時間]11時~14時、17時~22時LO ※ランチタイム有
[休日]日・祝

銚子プラザホテル 廣半(千葉)

『銚子プラザホテル 廣半』極上さば寿司 1000円

カキ殻、香味野菜、海藻などで作った「熟成酢タレ」に漬け込むことで、生よりも旨みあふれる味わいに仕上がっている。ふんわり感のあるサバに感動。

『銚子プラザホテル 廣半(千葉)』極上さば寿司断面

銚子プラザホテルの和食処「廣半」では銚子で水揚げされた大型のさばを使用した極上さば料理づくしのコースが人気です。
このコースにも入っている極上さば寿司は、カキ殻、香味野菜などで作る熟成酢タレにさばを漬け込んで作られます。
厚い身にぎゅっと閉じ込められた旨味は、噛むと柔らかくあふれんばかりに口の中に広がります。

[住所]千葉県銚子市西芝町11-2 銚子プラザホテル
[TEL]0479-22-0070
[営業時間]11時~14時、17時~21時LO ※ランチタイム有
[休日]年中無休
[アクセス]JR銚子駅より徒歩3分

味の庄 伯備(岡山)

『味の庄 伯備』備中お祭り寿司(鯖の姿寿司) 1720円

特製の甘酢に漬けたサバに、よく揉んだ酢飯をイカめしばりに詰め込んである。脂が多い「頭部」が衝撃の旨さ! 地方発送あり。

『味の庄 伯備』備中お祭り寿司断面

鯖寿司が郷土料理として親しまれている岡山県新見市にある、郷土料理のお店「味の庄伯備」。
備中お祭り寿司という鯖の姿寿司は特製甘酢に漬けたさばに、もち米入りの酢飯をたっぷり詰め込んだ、もちっと粘りのある食感がクセになります。昭和4年創業から長い間愛されている味です。
地方発送もしているのでぜひご賞味ください。

[住所]岡山県新見市西方469-1
[TEL]0867-72-3125
[営業時間]11時~20時LO ※ランチタイム有
[休日]元日
[アクセス]新見駅から徒歩1分

熟成魚場 福井県美浜町 日本橋本店(東京)

『熟成魚場 福井県美浜町 日本橋本店』へしこ寿司 745円

酢洗いしたへしことシャキシャキしたミョウガ、大葉、白ゴマの組み合わせが絶妙。おぼろ昆布の風味も味の決め手。イートインのみ。

『熟成魚場 福井県美浜町 日本橋本店』へしこ寿司断面

福島県美浜町の伝統ある料理が勢ぞろいする居酒屋です。
青魚を塩漬け、さらに糠漬けにする調理法を用いたへしこ料理や、高温高湿熟成の美浜熟成魚などが堪能できます。
鯖寿司も酢洗いしたさばのへしこに、みょうがや大葉など香り豊かで歯ごたえの楽しい薬味、風味のよいおぼろ昆布の絶妙な組み合わせで1本ぺろりと食べられます。

[住所]東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワーB1
[TEL]03-3527-9696
[営業時間]11時~14時半LO、16時~23時LO ※ランチタイム有
[休日]不定休
[アクセス]地下鉄東西線 日本橋駅 徒歩1分

サバジェンヌかく語りき、サバビアンな鯖寿司たち

脂ののりが日本一といわれる青森県八戸市のブランドサバ「八戸前沖さば」。
いわば「サバの大トロ」を使ったのが、『炭火焼 ごっつり』の「銀鯖の棒寿司一本」。特徴である脂を活かすべく作られた寿司は、麗しいほど“ときめきの脂ギッシュ”。肉感的なとろけ方で、その味わいは“熟女系”。もはやエロい……。

『鯖みやま』の「鯖寿司」は、長崎五島列島西沖で獲れた、1キロ以上のサバのみを使用。筋肉質で身と脂にパワーのあるサバを、刺身かと思うほど浅締めにして仕上げた逸品は、口の中で躍動感があふれる“ワイルド系”。押し倒されたい(涙)。

サバ水揚げ量日本一を誇る千葉県銚子市の『銚子プラザホテル 廣半』の「極上さば寿司」は、最も脂がのった秋に獲れる「極上さば」を秘伝の「熟成酢タレ」製法で仕上げ、身がふんわり、柔らか。“鯖寿司界のシフォンケーキ”と呼びたい絶品だ。

鯖寿司が名物なのは海沿いの町だけではない。岡山県の山間部に位置する新見市『味の庄伯備』の「備中お祭り寿司」は、新見藩の参勤交代の弁当だったともいわれ、郷土色豊か。
サバを一尾、まるごと背割りにして、もち米入りの酢飯をぎゅうぎゅうに詰め込んだスタイル。コクのあるサバの身と、旨みが染み込んだ粘り重視のむっちり酢飯の合体は、例えれば「サバおはぎ」的で驚きの美味しさだ。

また、珍味系鯖寿司を提供するのが、『熟成魚場 福井県美浜町 日本橋本店』。福井県美浜町特産の「へしこ」(サバのぬか漬け)」を使用した「へしこ寿司」は、チーズのように濃厚なコクのあるへしこと薬味を酢飯で巻きこんであり、おつまみにもぴったり。日本酒が進むこと間違いなし!

(池田陽子)

おわりに

サバジェンヌこと池田陽子さんがセレクトした、関東で食べられる絶品鯖寿司をご紹介しましたが、いかがでしたか?
テイクアウトや通販が可能なお店もあるので、ぜひ気になった商品があればチェックしてみてください。
とろけるようなサバの旨味とさっぱりした酢飯に頬っぺたが落ちること間違いなしです!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメライターが調査した「新宿エリア」の旨い寿司屋の中から、特におすすめしたい情報を厳選してまとめました!食べ放題からカウンターで少し高級感を味わえるお店まで多種多様!予算やシーンに応じてご利用ください!
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
18655views 東京都 寿司特集
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
13151views 東京都 寿司特集
寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!
20301views 東京都 寿司特集
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt