SNSで最新情報をチェック

神保町の裏路地に佇む、夜のみ営業の店。兄の学さんが煮物などの仕込みや酒の仕入れ、弟の裕さんが蕎麦打ちや揚げ物などを担当している。学さんが「うちは居酒屋ですから」と言うように、酒呑みの心をくすぐるメニューがずらり。手打そば わたる[交]地下鉄半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線神保町駅A4出口から徒歩3分

画像ギャラリー

手打そば わたる(最寄駅:神保町駅)

秋なら例えば、秋刀魚やなす、きのこなど季節の食材を積極的に使い、蕎麦用のダシとは別の料理用ダシを使った煮物や和え物などに仕上げている。 酒は味わいがしっかりした、料理を引き立て飲み飽きしない日本酒が中心。また、つい肴をやり過ぎたな、と思っても安心。蕎麦は半量でも注文可だから、しっかり〆まで楽しめる。「週一でふらりと飲みに行きたくなる店にしたい」という兄弟の言葉が、心に響いた。

秋刀魚のあっさり煮

700円

柿の白和え

500円

ホロリとくずれる絶妙な煮具合の秋刀魚煮。柿の白和えは箸休めや日本酒のあてに

せいろと田舎せいろの合もり

1000円

鞍掛豆のお浸し

350円

ポテトサラダ

500円

きのこおろし

400円

手打そば わたる

[住所]東京都千代田区神田神保町2-28 [TEL]03-6272-6377 [営業時間]18時〜24時(23時LO)※売り切れじまい [休日]土・日・祝 [座席]カウンター6席、テーブル12席、計18席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線神保町駅A4出口から徒歩3分

電話番号 03-6272-6377

2015年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...