MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!

こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!

ここで野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。ここでは、そんな中華や焼きとん、さらにはたこ焼きや餃子まで、カジュアルワインが楽しめる東京都内おすすめ三ツ星店を紹介です。

perm_media 《画像ギャラリー》こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!の画像をチェック! navigate_next

【中華×ワイン】味坊(最寄駅:神田駅)

ラム肉の串焼き(10本) 1944

「ウチは中国の中でも東北地方の料理が中心。羊肉を使う料理も多いからワインに合うでしょ」とはオーナーの梁さん。特にオススメなのが炭火で炙ってから一味唐辛子やクミンなどのスパイスをたっぷりまとわせた「ラム肉の串焼き」だ。ジューシーなラムのコクと香辛料の爽やかな香りで、コップに注がれたワインがグイグイすすむ。今では7~8割の客が紹興酒よりもワインを選ぶとか。値段も基本的にボトル1本2700円とリーズナブル。庶民的な雰囲気で気軽にワイワイ楽しめる1軒だ。※ランチタイム有

ラムの串焼きにはこんなワイン

デスクランブ シャトー・ルネッサンス(赤) ボトル 2700円
フランス、ボルドー産の自然派ワイン。果実味をいかしたまろやかでエレガントな味。ミディアム~フルボディでキメの細かいタンニンが後味を引き締める。茶目っ気たっぷりのエチケットも必見だ。

東京都千代田区鍛冶町2-11-20 
☎03-5296-3386 
[営]11時〜14時半、17時〜23時(22時半LO)、日・祝は15時〜21時(20時半LO) 
[休]無休 
[席]テーブル90席 計90席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし 
[交]JR山手線神田駅東口から徒歩2分

【中華×ワイン】真不同 飲茶倶楽部(最寄駅:恵比寿駅)

頂湯焼売 583円
豚スペアリブ 712円

なかでも看板メニューが、金華ハムなどの高級食材を贅沢に使ってとるスープ、“頂湯”を餡にたっぷり練り込んだ「頂湯焼売」。蒸したて熱々を頬張れば、奥深いコクのスープがほとばしる。 ワインはインポーターと提携し、ポテンシャルの高いボトルをリーズナブルに仕入れているため、コストパフォーマンスの高さを感じるものばかり。中華料理に合わせ、しっかりとしたボティを持つボトルが中心で、ワインと点心のペアリングにうならされること請け合いだ。

点心にはこんなワイン

エステート・ピノ・ノワール エラスリス(赤) ボトル 3456円
チリ産の中でも特に優れたワイナリーによるもので、完熟したブドウの豊かさを持つエレガントな1本。しっかりとしたボディとコクがあり、中華の調味料や香辛料の香りを優しく包み込んでくれる。

東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 京城ビル 6階 
☎03-6303-1318 
[営]17時半〜24時(フード23時、ドリンク23時半LO)
[休]日 
[席]カウンター6席、テーブル4席×4卓、8席×1卓 計30席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、席料324円別 
[交]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分

【たこ焼き×ワイン】TAKOYAKI DINING 8864(最寄駅:新橋駅)

ソースと素焼きのたこ焼き 各540円

名のイメージと違い高級食材で、独特のコクが出るため1度食べたら他のたこ焼きでは物足りなくなるはず。おやつというより立派な一品料理である。ワインはスパークリングから白・赤とボトルの提供が充実。たこ焼き以外にも手の込んだフードが多く、腰をすえて楽しみたい。

たこ焼きは素焼き、しお、ゆずポン酢、土佐醤油、きざみわさび、ソース、だしと7種類を楽しめる。トッピングも可能。

たこ焼きにはこんなワイン

カーニヴォ(赤) ボトル 4860円
「黒ワイン」とも言われるほど濃厚な色合いの赤は、王道のソース味のたこ焼きに。8864のたこ焼きは生地に下味がしっかり付いているため、スパイシーなソースとマヨネーズのパンチにもぴったり。

東京都港区新橋5-10-8 カルチャーセンタービル 1階 
☎03-6450-1393 
[営]月~金17時~翌3時、土~22時半
[休]不定休 
[席]カウンター6席、4席×3卓、2席×1卓 計20席/全席喫煙可/カード不可/予約可 お通し324円別 
[交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩7分

【焼きとん×ワイン】やきとん 埼玉屋(最寄駅:東十条駅)

焼きとん各種 160円
(レバ、アブラ、シロ、シャモ、チレ)

創業以来62年間継ぎ足した秘伝のタレ以外に、サルサソースをのせるシャモやエスカルゴバターを使うチレなどもあり、ホルモンの食べ方の可能性に感動されられるはず。串以外の副菜も手のこんだ一品が充実。ホッピーや焼酎だけでなく、ワインにも実によく合うものが揃っている。

焼きとんにはこんなワイン

秩父ワイン 源作印ワイン(赤) ボトル 1200円
飲みきれるように720mlの小さなボトルを提供。しっかりとした渋味がありながらも、かつさわやかな後味。重すぎず軽すぎず、香りの強いオリーブオイルやホルモンの濃厚な味を引き立てる飲み口だ。

東京都北区東十条2-5-12 
☎03-3911-5843 
[営]16時〜21時半(土は、一回転のお客で満席次第終了) 
[休]日・祝 
[席]4席×3卓、カウンター19席 計31席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サ・お通しなし 
[交]JR京浜東北線東十条駅南口から徒歩4分

【餃子×ワイン】餃子バル 餃子の花里(最寄駅:神保町駅)

トリュフ餃子、ブルーチーズ餃子 各730円

餃子激戦区のひとつ、神保町に2014年にオープン。ワインと餃子というコンセプトで、基本となる豚肉・白菜のムチムチの餡に、ブルーチーズやトリュフ、フォアグラなどを加えた餃子を提供。風味豊かに仕上げた完成度の高さ、重めの赤を中心とした店主・浦崎さん厳選のワインとのペアリングの楽しさからたちまち人気店に。「神保町ではおそらくウチだけ」(店主・浦崎さん)という絶妙の組み合わせ、一度は味わう価値ありだ。

餃子にはこんなワイン

Dバロン ド ロートシルト(赤) ボトル 3780円
豚肉の甘み、旨みが凝縮している餃子には、果実味・渋みともに十分なフルボディの赤がおすすめ。ボルドーで造られる写真のワインのほか、イタリア産の「バルバレスコ」も好相性とのこと。

東京都千代田区神田神保町1-30 
☎03-3294-1007 
[営]11時半~13時半LO、17時~23時 
[休]日 
[席]カウンター10席、2席×2卓 計14席/全席喫煙可/予約可/カード不可/お通し250円 
[交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5出口から徒歩2分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル