SNSで最新情報をチェック

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、小川町エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。

画像ギャラリー

京都勝牛 小川町(牛カツ/小川町駅 徒歩1分)

東京都千代田区神田美土代町9-7 千代田21ビルディング1階  ☎03-3292-7802
[営]11時〜22時(21時半LO)
[休]無休
[席]カウンター32席、テーブル4席×2卓 計40席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし
[交]地下鉄都営新宿線小川町駅B6出口から徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 徒歩4分、東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩5分、JR中央線・総武線 御茶ノ水駅聖橋口 徒歩9分

京都勝牛は京都からやって来た、和風味満点の牛カツ専門店 !

「京都勝牛」は本店を構える京都・先斗町から東京へ進出。同店の他にも続々と店舗を増やしている。[交]小川町駅から徒歩1分、淡路町駅から徒歩4分、新御茶ノ水駅から徒歩5分、御茶ノ水駅から徒歩9分 ※ランチタイム有

ポンチ軒(とんかつ/小川町駅 徒歩2分)

東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 ☎03-3293-2110
[営]11時15分~14時LO、17時半~21時半(20時半 LO)、月火11時15分~15時LO
[休]日、第3月
[席]カウンター6席、テーブル14席、計20席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし
[交]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分

分厚いカツの絶妙な柔らかさに思わず唸る!

前身は赤坂にあったトンカツと洋食の名店「フリッツ」。”12年の移転を機に、揚げ物のレシピはそのまま受け継ぎつつ〝トンカツと豚しゃぶの店〟として店名も新たに再出発した。赤坂時代から人気の「カツサンド」(1640円)は夜のみのメニューで、ドンと鎮座するカツの存在感は圧巻。ポンチ軒[交]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分

丸ごと1本の大迫力ヒレの奥深い味わいに感服

ロース派も唸らせる見事なヒレの1本揚げがコチラ。塊を丸ごと揚げるから肉のジューシーな旨みがギュッと閉じ込められ、中心はほんのりロゼ色を保つ。ポンチ軒[交]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分

河北や(居酒屋/小川町駅 徒歩3分)

東京都千代田区神田錦町1-2  ☎03-5283-3677
[営]10時半~23時、第1・3・5土10時半~15時
[休]日、祝、第2・4土
[席]カウンター5席、テーブル2席×3卓、3席×1卓、4席×2卓、5席×1卓 計27席/11時~14時のみ全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし
[交]都営新宿線小川町駅B7出口から徒歩3分

東北の小さな町で生まれたカレーが香る逸品

カツを頬張ると、カレーの香りが鼻を抜ける。店主に聞けば、郷里の山形県河北町でかつ丼といえばカレー風味だという。河北や (かほくや)[交]小川町駅B7出口から徒歩3分、大手町駅C2b出口から徒歩7分、神田駅北口から徒歩8分 ※ランチタイム有

巴家(ラーメン/小川町駅 徒歩7分)

東京都千代田区内神田1-2-14 ☎03-3292-8491
[営]11時~15時LO、17時~21時半LO
[休]土・日・祝
[席]テーブル32席/カード不可
[交]地下鉄都営新宿線小川町駅B6出口から徒歩7分 ※ランチタイム有

神田に店を開いて約100年 今も変わらない懐かし系中華そば

「巴家」は大正8(1919)年創業の中華店。骨類は使わず、チャーシュー用の肩ロースや肩肉のみでダシをとり、毎日継ぎ足しながらスープをとる。麺は昔ながらの配合で作るしなやかでコシのある玉子麺。[交]地下鉄都営新宿線小川町駅B6出口から徒歩7分 ※ランチタイム有

吟ばん(懐石料理/小川町駅 徒歩2分)

東京都千代田区神田須田町1-17 地下1階 ☎03-3252-1030
[営]11時半~13時半(昼営業は平日のみ)、17時~23時(土~22時)
[休]日・祝
[席]テーブル34席/部屋ごとに分煙/予約可/カード可/個室あり
[交]地下鉄丸の内線淡路町駅、都営新宿線小川町駅より徒歩2分

旬の食材を使った和食とジャパニーズウイスキーの自然な調和を堪能できる

「和酒のひとつであるジャパニーズウイスキーが、和の料理と合わないわけがないんです」 店主・川上浩輝さんはそうした思いから、日本のウイスキーと和食との組み合わせに力を入れてきた。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...