MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
浜町 かねこ|通好みな煮込みや馬刺しでしっぽり日本酒三昧(そば/水天宮前)

浜町 かねこ|通好みな煮込みや馬刺しでしっぽり日本酒三昧(そば/水天宮前)

飲める蕎麦屋として人気の神楽坂にある『蕎楽亭』。その片腕として活躍した金子さんが2015年8月に独立した。白木の真新しいカウンターに陣取って、酒肴の品書きを吟味するのは楽しい時間だ。浜町 かねこ[交]水天宮前駅4番出口から徒歩5分、人形町駅から約7分、浜町駅から約6分 ※ランチタイム有

浜町 かねこ(最寄駅:水天宮前駅)

牛すじの煮込みなど、思わず一杯やりたくなるつまみが多いし、蕎麦屋のレベルを超えた、師匠譲りの端正な天ぷらも捨てがたく、ついつい食べ過ぎてしまうのだ。 それでも〆の蕎麦は別腹。十割微粉の細打ちは、せいろかそれとも自慢のカレーか、これまた幸せな悩みは尽きない。

生ゆば刺
780円

会津から届く馬刺しには、現地では定番だというにんにく辛子味噌をつけて。豆乳で煮たとろとろの湯葉や熱々の煮込みが燗酒を呼ぶ

カレーそば
1100円

カレーは市販のルーは使わず、牛すじをスパイスやフルーツで煮込んでいる

塩辛とクリームチーズ
580円

金子さんが毎日食べても飽きないという一品。店を持ったら絶対にメニューに載せたいと思っていたという。イカの塩辛の塩気がクリームチーズでまろやかに。どんな日本酒にも合う

「七賢」
950円

「七賢」、「天明 亀の尾」、「楯野川」など日本酒は約20種類

「天明 亀の尾」
900円

「楯野川」
850円

浜町 かねこ

[住所]東京都中央区日本橋浜町3-7-3 [TEL]03-4291-3303 [営業時間]月17時半~21時、火~金11時半~14時、17時半~21時、土11時半~14時半 [休日]日・祝 [座席]カウンター8席、テーブル14席、個室8席、計30席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅4番出口から徒歩5分、東京メトロ 日比谷腺 人形町駅から約7分、都営新宿線 浜町駅から約6分

電話番号 03-4291-3303
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
蕎麦とハーブティー。一瞬、え? と思うかもしれないが、素材の持つ「香り」や「風味」を大切にしたいという共通点を聞けば合点がいく。
石臼挽きした微粉の摩周産と粗挽きの蘭越産の北海道2種をブレンド。「釜揚げそば」なら、湯気と共に蕎麦の香りが運ばれ、蕎麦湯が絡まることで旨みがダイレクトに伝わってくる。
落ち着いた店内、充実した酒肴、ミシュランガイド福岡でビブグルマンに輝く『赤間茶屋あ三五』監修の蕎麦。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt