MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
浜町 かねこ|通好みな煮込みや馬刺しでしっぽり日本酒三昧(そば/水天宮前)

浜町 かねこ|通好みな煮込みや馬刺しでしっぽり日本酒三昧(そば/水天宮前)

飲める蕎麦屋として人気の神楽坂にある『蕎楽亭』。その片腕として活躍した金子さんが2015年8月に独立した。白木の真新しいカウンターに陣取って、酒肴の品書きを吟味するのは楽しい時間だ。浜町 かねこ[交]水天宮前駅4番出口から徒歩5分、人形町駅から約7分、浜町駅から約6分 ※ランチタイム有

浜町 かねこ(最寄駅:水天宮前駅)

牛すじの煮込みなど、思わず一杯やりたくなるつまみが多いし、蕎麦屋のレベルを超えた、師匠譲りの端正な天ぷらも捨てがたく、ついつい食べ過ぎてしまうのだ。 それでも〆の蕎麦は別腹。十割微粉の細打ちは、せいろかそれとも自慢のカレーか、これまた幸せな悩みは尽きない。

生ゆば刺
780円

会津から届く馬刺しには、現地では定番だというにんにく辛子味噌をつけて。豆乳で煮たとろとろの湯葉や熱々の煮込みが燗酒を呼ぶ

カレーそば
1100円

カレーは市販のルーは使わず、牛すじをスパイスやフルーツで煮込んでいる

塩辛とクリームチーズ
580円

金子さんが毎日食べても飽きないという一品。店を持ったら絶対にメニューに載せたいと思っていたという。イカの塩辛の塩気がクリームチーズでまろやかに。どんな日本酒にも合う

「七賢」
950円

「七賢」、「天明 亀の尾」、「楯野川」など日本酒は約20種類

「天明 亀の尾」
900円

「楯野川」
850円

浜町 かねこ

[住所]東京都中央区日本橋浜町3-7-3 [TEL]03-4291-3303 [営業時間]月17時半~21時、火~金11時半~14時、17時半~21時、土11時半~14時半 [休日]日・祝 [座席]カウンター8席、テーブル14席、個室8席、計30席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅4番出口から徒歩5分、東京メトロ 日比谷腺 人形町駅から約7分、都営新宿線 浜町駅から約6分

電話番号 03-4291-3303
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
 庶民的な小さな商店街の一角。昭和32年創業の店は、町の食堂として親しまれている。
店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。
昔ながらの町の蕎麦屋然とした佇まいもいいのだが、蕎麦よりもラーメンの注文が多いというくらいの人気の店がこちら。
 創業は昭和10年、そしてラーメンは戦後すぐに誕生したという。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt