SNSで最新情報をチェック

通ならきっと知らぬ人はいまい。うなぎ呑みの聖地とも言える、昭和25年創業の名酒場だ。

画像ギャラリー

うなぎ ほさかや(最寄駅:自由が丘)

自由が丘にうなぎ呑みの聖地「ほさかや」あり

主役の串焼きはからくりやヒレなど全5種で、活うなぎを毎日捌き、頭から内臓まで余すところなく提供してくれる。タレは水飴を加えた少し甘めの味。これがまた酒に合う。ちなみに昼はうな丼や一部の串も楽しめる。「何にも変わらないよ。変わったのは人間だけ(笑)」と3代目の松尾勇司さん。その言葉通り最近は女性や若者客も多く、年季の入ったコの字カウンターは新旧の客で賑わっている。

蒲焼(大)、3点盛(う巻、八幡巻、うなぎ煮こごり)

1700円、600円

ひと通り(からくり、きも、ひれ、かしら)

1300円

串4本の「ひと通り」は蒲焼きを食べやすくカットした「からくり」や12~13匹分の背ビレを使う「ひれ」など全く違う味わいを楽しめる。焼酎の割りは水とレモン、または緑茶か烏龍茶

うなぎ ほさかやの店舗情報

[住所]東京都目黒区自由が丘1-11-5 [TEL]03-3717-6538 [営業時間]11時半~14時、16時半~21時(土・祝の夜は16時~)※ランチタイム有 [休日]日曜日、第2月曜日(祝日の場合は第3月曜日) [座席]カウンターのみ、全18席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線線ほか自由が丘駅北口から徒歩1分

電話番号 03-3717-6538

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...