SNSで最新情報をチェック

カレーライス好きですか? 今やスタイルも百花繚乱。ここでは王道からアート系までひと皿で味が完結する三ツ星を厳選しました。見るだけでお腹がぐう~。やっぱカレーが好き!なアナタに届けます!

画像ギャラリー

『欧風カレー ル・ムーラン』@本郷三丁目

とろとろビーフカレー(1200円)
※じゃがいもバターまたはグリーンサラダとセット
大きめにカットしたビーフはルウの旨みが中まで染み込んでいて柔らかい。コクを前面に出すためスパイスは主張し過ぎないよう調整。
ホワイトペッパーとガーリックを加えて炊いたバターライスの上にはゴーダチーズをトッピング。
このチーズがルウとライスの一体感を生み出す

凄腕料理長が生み出すなめらかなコクに身も心もとろっとろ!

これを欧風カレーの原風景と言わずして何と言おう。バターライスの香り高き大地に広がる穏やかなルウの海。ゴロゴロと存在感のあるビーフが正統派の品格を漂わせる。

料理長の金島さんは神保町の名店で40年近く腕を振るっていた匠だ。新たな出発となるこの店では、初心に返って自らの原点となる味を追求したという。一貫して大事にするのはコク。牛のブイヨンと炒めた玉ネギなどのペーストを軸に作るその味わいは、熟成させたカレーソースを継ぎ足す調理法によって生み出される。

日々同じ美味しさを提供するため、その日の気候で調味料も微妙に調整するのだとか。ひと口目の瞬間から舌を包み込む深い旨み、その後じわりとくる辛さと香り。余韻まで記憶に刻まれる美味の原風景。本郷に向かおう。

とろっとチーズカレー(1200円)
※じゃがいもバターまたはグリーンサラダとセット
マッシュルーム入りのカレーにゴーダチーズを乗せたシンプルな組み合わせ。アーモンドの香ばしい風味にも拍手

数時間炒めた玉ネギをベースに作るペースト。
寝かせることで余計な水分が出て旨みと甘みが凝縮

住所:東京都文京区本郷6-2-10 2階
TEL:03-3814-6366
営業時間:11時半~22時(ランチ~14時半LO、喫茶14時半~17時、ディナー17時~21時LO) ※変動あり
定休日:日・祝
交通:都営大江戸線ほか本郷三丁目駅3番出口から徒歩8分、地下鉄南北線東大前駅1番出口から徒歩7分

『レカマヤジフ』@祐天寺

胡椒バターとチキン(昼)(1300円)
生胡椒のパワーが刺激的。エッグホッパーという卵入りの米粉クレープで包んでも美味。
米は胡椒の茎などを煮出したスープで炊く

中華の経験を生かした新しい発想と技法でカレーにアプローチ

カレーには我が子の個性を受け入れる母のような懐の深さがある。だから「固定概念にとらわれない味を」と中国料理出身のシェフがアプローチするそれも大いなる懐の中だ。

昼のコンセプトはズバリ「新しいカレー」。食材とスパイスからなる従来の味に、独自の発想と中華の技法を駆使したダシの使い方で旨みをオン。スパイスは引き算の考えでシンプルな構成を心掛けるそう。

定番の「胡椒バターとチキン」の辛味は何とスリランカ産の生胡椒のみ。これまた味覚の刺激スイッチを押されたかのように辛さが口の中でプチッと弾け、バターのリッチな味わいに見事なアクセントを与えている。

夜は「カレーの分解」がテーマのコースを提供。個々のスパイスにフォーカスし、その特徴を丁寧に伝える料理が新鮮だ。

ココナッツと海老・ラムとクミンのガパオ 2種セット(昼)(1500円)
ミルキーなエビカレーなど2種をセットに。メニューは随時変わる

定番カレーは缶詰も。店は生胡椒や缶詰販売『アパッペマヤジフ』の新店。『レカマヤジフ』を逆から読めば“フジヤマカレ”。
日本一を目指す思いを表現。シェフはザ・ペニンシュラ東京の広東料理店などで経験を積んだ

住所:東京都目黒区五本木1-6-3
TEL:03-3793-5181
営業時間:11時半~15時(14時半LO)、17時半~21時 ※変動あり
定休日:月
交通:東急東横線祐天寺駅中央改札から徒歩5分

次のページ
『ジーエス』@新宿...
1 2 3 4 5

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...